地検の誤りで3日長く刑務所に収容
2013/01/29   法務相談一般, 刑事法, その他

事案の概要

横浜地検と横浜刑務所は28日、懲役刑を受けた男性を本来の刑期より3日間長く刑務所に収容していたと発表した。地検と刑務所は元受刑者に謝罪した。

地検と刑務所によると、男性は刑が確定するまで横浜刑務所の相模原拘置支所に勾留。男性の刑期が始まった日は判決が言い渡された当日だったが、翌日から連休で、休み明けに指示書を作った検察事務官が誤って日付を記入したという。その後、チェックした職員2人もこの誤りに気がつかなかった。

今月下旬、男性が出所した後に、地検の職員が執行終了通知書 を確認した際、発覚したという。

コメント

この手のヒューマンエラーを完全に無くす事は出来ない。しかし、防止するためのシステム構築は不可欠である。それが人の身体拘束という人権の制限に関わるのであればなおのことだ。

 受刑者は殆どの場合、法律の素人であるから、自身で身を守ることは難しい。連休前にはこのような事件が起こりやすい事を検察官等の間で周知徹底し、再発防止に向けた具体的な対策を実行する事が期待される。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。