偽1級建築士の男を逮捕 90件以上の物件に関与か
2012/10/09   法務相談一般, 民法・商法, その他

事案の概要

 1級建築士の資格を持っていると偽り、建築物の設計や監理に関わったとして、神奈川県警は9日、建築士法違反(1級建築士の詐称)と偽造公文書行使の疑いで、相模原市中央区田名の無職、石岡秀逸容疑者(64)を逮捕した。県が同日、告発した。「2級建築士では仕事が取りにくかった」などと供述し容疑を認めているという。

 逮捕容疑は昨年2月から9月の間、住宅や会社事務所の建築確認申請の際に「1級建築士」などと虚偽の記載をした書類や、偽造された1級建築士の免許証のコピーを、計4回にわたり検査機関に提出したとしている。

 県警によると、石岡容疑者は2級建築士の免許を受け、平成2年に1級建築士の男性を管理建築士として事務所を設立。平成4年に1級建築士の男性は死亡したが、その男性の免許証を修正テープで消して書き換えるなどして偽造された免許証を使い、1級建築士と偽って仕事をしていたとみられる。石岡容疑者は、神奈川県内の91件の物件に関与したとみられ、1級建築士の資格が必要な物件は、そのうち6件とみられる。ただ、ほとんどの物件で建築士法の時効を迎えているという。

コメント

 1級建築士の免許証偽造や詐称が各地で相次いだとして、国土交通省は7月、都道府県に調査を指示し、違法行為を告発するよう求めていた。
9月には、無資格の偽医師が医師免許証などを偽造し、健康診断を行なっていたことも発覚している。
専門家を利用する際には、利用する側も免許等をよく確認することで、偽免許の利用を防ぎたい。

建築士法

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。