無線LANの安全な使い方指針―総務省
2012/09/24   コンプライアンス, 民法・商法, その他

概要

無線LANとは、自宅や店舗内など限られた場所でインターネットに無線で高速接続できる通信網のことをいう。この無線LANは、スマートフォンの普及に対応するため、駅や飲食店など公共の場への設置が進められている。

しかし、この無線LANへの接続を通じて個人情報が流出するなどの問題が相次いでいる。

そこで、総務省は、一般利用者向けに無線LANの安全な使い方の指針をまとめた。
 
具体的には、通信を読み取られたり個人情報を盗まれたりしないよう、通信を暗号化する際は旧式で破られやすい「WEP」方式ではなく、最新の「WPA」方式などを使うことを推奨している。また、接続の際に「証明書エラー」など普段と違う画面が表示されたら、情報を盗むための偽の接続ポイントにつながる可能性を疑い、接続をやめることなどを呼びかけている。

コメント

ここ数年の間に爆発的に普及したスマートフォン。公共の場における高速接続が可能となった今日では、誰もがいつでもどこでもすぐにネット環境に飛び込むことができるようになった。
しかしながら、便利になったとはいえ、個人情報の問題は無視することはできない。本来ならば、ここまで普及する以前に検討しておくべき課題であったように思う。
また、無線であるだけに、個人としては、情報が流出したことに気付くことさえ難しいといえる。
このような中で総務省がまとめた指針は個々人の生活を守るため重要な意義を有するものといえる。

関連リンク

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu03_02000024.html

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。