抗がん剤副作用被害、救済制度見送りへ 
2012/07/11   薬事法務, 薬事法, その他

事案の概要

厚生労働省の検討会は、13日、抗がん剤の副作用被害を受けた患者の救済制度の創設につき、近時の創設は困難であるとの意見をまとめる見通しだ。

2004年に提起された薬害イレッサ事件(肺がん治療薬イレッサの副作用によって多くの患者が間質性肺炎を発症し死亡した事件)をめぐる訴訟において、薬害被害者は抗がん剤被害についての救済制度の創設を要望していた。
それに対し、国は昨年1月に裁判所の和解勧告を拒んだ際、制度創設の検討を表明していただけに、今回の見送りは薬害被害者に大きな失望を与えることになりそうだ。

現在、医薬品の副作用による障害や死亡に対しては、医療費などが支払われる公的制度があるが、抗がん剤は対象外となっている。もともと重い副作用が高確率で起こることをわかったうえで使用する特性があるのがその理由だ。

薬害イレッサ弁護団は、イレッサ事件の教訓をがん治療体制の整備や薬害防止に活かすため、抗がん剤の副作用による死亡を対象とする救済制度創設のための署名活動を続けている。

コメント

確かに、抗がん剤は他の薬に比べ、副作用が重いということが知られている。
しかし、がん患者達は、少しでも長く生きたいという懸命な思いで副作用に耐えながら抗がん剤を使用するのであり、「副作用が重いから死ぬのもやむをえない」といった考えは乱暴である。
一刻も早く制度が創設されることが求められる。

薬害イレッサ弁護団

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。