東芝、国際カルテルか?
2012/07/04   独禁法対応, 独占禁止法, メーカー

概要

液晶ディスプレーの販売価格で国際カルテルを結んでいたとして、米国の消費者が損害賠償を求めた集団訴訟で、米カリフォルニア州の連邦地裁の陪審は3日、大手電機メーカーの東芝がパソコンやテレビに使う液晶パネルの価格をほかの企業と共謀して不正に取り決めたとして、同社に8700万ドル(約70億円)の支払いを命じる評決を出した。東芝の液晶パネルを使った商品を購入した消費者と、パネルを納入したメーカーなどに対する損害賠償を支払うよう命じた。
 
 テレビやパソコン用の液晶ディスプレーの価格下落を防ぐため、日韓台の主要メーカーが価格協定を結んだとされる。シャープや韓国サムスン電子など7社は昨年12月、和解金の支払いで合意したが、東芝だけが訴訟を続けていた。

 これに対し、東芝は「一切の違法行為はなく評決は誤りだ。評決に対して、あらゆる法的な措置を検討していく」とコメントを発表した。引き続き争う姿勢を示している。

コメント

 液晶ディスプレーの販売価格カルテルにおいて、価格協定したとされる主要メーカーのうち東芝だけが、カルテルを争っている。本当にカルテルはあったのか、東芝の今後の動向に注目したい。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。