ソニーで株主総会開催 批判相次ぐ
2012/06/28   商事法務, 総会対応, 会社法, メーカー

概要

 ソニーの平井一夫社長兼最高経営責任者(CEO)は27日、株主総会で、経営方針についてあらためて説明し、株主の理解を求めた。しかし、株主からは、具体性に欠けるとの批判が相次いだ。

 2012年3月期に4566億円の過去最大の最終赤字を計上しており、前CEOのハワード・ストリンガー氏が会長を外れ、取締役会議長に就任することに対し、批判が相次いだ。
平井氏は4月12日に発表した経営方針に沿って、デジタルカメラ、携帯端末、ゲーム事業の強化等、5分野に重点領域として取り組むと説明。株主からは「具体的でない」との批判があった。

 オリンパス<7733.T>に出資する可能性について問われたのに対しては、「コメントする段階ではない」と明言を避けた。

コメント

 ソニーは過去最大の最終赤字を計上していることから、その対応に苦慮している。経営方針について具体的に説明できなかったために、不満が残る結果となった。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。