【違法ダウンロード】6日にも議決、協会が反対声明も
2012/06/05   知財・ライセンス, 著作権法, エンターテイメント

【お詫び】この度、ニュース内の使用画像において、他の企業様が所有される画像を無断で利用し、関係者の方に多大な迷惑をかける結果となりました。大変申し訳ございませんでした。該当画像を削除させていただきました。

事案の概要

違法にアップロードされた動画をダウンロードすることが12年10月1日から刑事罰とされる著作権法改正案が今月6日に議決される見込みがある。

「ダウンロードの違法化」自体は現在著作権法で実現しているものの、「罰則規定」がない。刑事罰修正は自民・公明両党が案を提出しているが、民主党は慎重な姿勢を見せ、4月に行われた文部科学部会では罰則規定は見送られた。6日の衆院文部科学委では民主党内でも刑事罰化を容認する動きもあり、ダウンロードの罰則規定の実現の可能性が高まっている。

しかし、関係団体の慎重な意見は頑として存在する。4月27日には日本弁護士連合会が刑事罰導入への反対声明を出した。当罰性の認識が薄いことや検挙の実現可能性が低いことが主な理由だ。また、インターネットユーザー協会(MiAU)は今月4日、違法ダウンロードの主体が中高生であり、違法の事実を認識していない中高生が多いのにもかかわらず罰則化へと進めることは拙速であるとして議員向けに反対声明を出した。

コメント

インターネット利用の人口普及率が80%近傍に達し、何十億規模のファイルがダウンロードされる中、その補足は用意ではない。また中高生を含む一般への違法ダウンロードの認知が進んでいるかどうかも、刑事罰化の前に慎重な議論が必要だ。

関連リンク

<a href="http://www.nichibenren.or.jp/activity/document/statement/year/2012/120427_2.html"target="_blank">日本弁護士連合会 違法ダウンロードに対する刑事罰の導入に反対する会長声明
一般社団法人インターネットユーザー協会(MiAU)

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。