【法務NAVIまとめ】労働時間制度の種類と比較

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ
記事「【法務NAVIまとめ】労働時間制度の種類と比較」のイメージ

1 主な労働時間制度の概要

 主な労働時間制度としては以下のものが挙げられる。
①固定時間制度(通常の労働時間制度)
②変形労働時間制度
③裁量労働制

企業における各労働時間制度の採用状況は出典元のようになっている。

2 変形労働時間制度

 変形労働時間制とは、一般的に均一な所定労働時間を、繁忙や閑暇といった
勤務状況に合わせて弾力的に設定することができる制度をいう。変形労働時間
制度には、次の4種類がある。
①1年単位の変形労働時間制
②1ヶ月単位の変形労働時間制
③1週間単位の変形労働時間制
④フレックスタイム制

 ここで、少しフレックスタイム制に焦点を絞ってみてみよう。
 フレックスタイム制とは、1か月以内の一定期間(清算期間)における総労働時間をあらかじめ定めておき、労働者はその枠内で各日の始業及び終業の時刻を自主的に決定し働く制度をいう。そして、フレックスタイム制を採用するには、2つの要件がある。
①始業及び終業時刻を労働者の決定に委ねる旨を就業規則等に定める
②労使協定でフレックスタイム制の基本的枠組みを定める

 フレックスタイム制には、労働者自身が労働時間を効率的合理的に配分でき、残業時間を短縮できるといった利点がある一方で、従業員間のコミュニケーションが取りづらくなったり、担当者の不在が生じたりするという欠点がある。

 また、フレックスタイム制は、少人数で経営している中小・零細企業ではその
メリットを享受しにくいという問題点がある。

3 裁量労働制

 裁量労働制とは、実際の労働時間に関係なく、労働者と使用者との間の協定で
定めた時間だけ働いたとみなす制度である。裁量労働制には、専門業務型裁量労働制と企画業務型裁量労働制との2種類がある。

 裁量労働制には、労働者が時間に縛られず、主体的に仕事をコントロールできるという利点がある一方で、実質的な不払い残業が発生し、実労働時間が過労死
ラインを超えてしまう可能性があるという欠点がある。

 また、裁量労働制には、実労働時間とみなし時間がかけ離れていることや会社の都合のいいように解釈され、実際は出退勤時間を管理されていることがあるという問題点がある。

4 各労働時間制度の比較

 各労働時間制度の利点・欠点を踏まえて比較すると、次のようになる。

出典: 各労働時間制度の利点・欠点(リンク切れ)→アーカイブ

 もっとも、どの労働時間制度を採用するにしても、誤った運用は避けるべきである。

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約4年5ヶ月前に投稿された記事です。法律に関連する記事の特性上、法改正や特別法の施行、経過措置期間の経過、新たな条文解釈を示唆する判例の登場などにより、記事の内容と現在の法律運用・解釈との間に齟齬が生じている可能性もございます。何卒、ご注意ください。
 
[著者情報] fuyu

詳細情報はありません。

日々の法務業務を効率化したい方はコチラ