ブラック企業にならないためにまとめ

1 はじめに

 「ブラック企業」という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。近年流行している言葉で、2013年にはユーキャン新語・流行語大賞のトップテンにもノミネートされました。
 皆さんは、ブラック企業と聞いてどのような会社を想像するでしょうか。残業代を全く支払わない会社?異常なほどの長時間労働を課す会社?確かに、こういった企業はブラック企業と呼ばれるでしょう。しかし、このようなあからさまに違法な企業ではなくても、世間にブラック企業として認識されてしまう企業は多いのではないでしょうか。
 本稿では、ブラック企業と呼ばれないために、どういった企業が「ブラック企業」とされてしまうのかについてまとめていきたいと思います。

2 ブラック企業とは

 「ブラック企業」という言葉に明確な定義はありません。ブラック企業対策プロジェクトのホームページによれば、「利益のために新卒を使い潰す成長大企業」とされています。後記するブラック企業大賞のノミネート基準は、「①労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いている企業、②パワーハラスメントなどの暴力的強制を常套手段として従業員に強いる体質を持つ企業や法人」です。また、ブラック企業の特徴として、「社員を使い捨てにする、低賃金で長時間労働を課す、大量採用と大量離職を繰り返す」などを掲げるものもあります。
 このように、「ブラック企業」という言葉には一定の共通点はあるものの「これがブラック企業だ」と言える定義はないようです。

<「ブラック企業」の定義についてはこちらを参照>

ブラック企業の定義と特徴(労働問題弁護士ナビ)
ブラック企業対策プロジェクトHP
「ブラック企業」の定義は、かなり間違っている(東洋経済ONLINE)

3 厚生労働省の基準

 一方、厚生労働省は、「労働基準関係法令違反に係る公表事案」というものをホームページ上に掲載しています。これは、労働基準関係法に違反したという疑いで送検された企業が掲載されるもので、通称「ブラック企業リスト」と呼ばれています。
 平成29年3月に厚生労働省が発表した資料によれば、ホームページへの掲載事案は以下のようです。

① 労働基準関係法令違反の疑いで送検し、公表した事案(以下「送検事案」という。)
② 平成29年1月20日付け基発0120第1号「違法な長時間労働や過労死等が複数の事業場で認められた企業の経営トップに対する都道府県労働局長等による指導の実施及び企業名の公表について」に基づき、局長が企業の経営トップに対し指導し、その旨を公表した事案(以下「局長指導事案」という。)

 厚生労働省が「ブラック企業」という言葉を使用しているわけではないですが、国がどのような企業を、ブラックであると認識しているかの参考にはなるのではないでしょうか。

<厚生労働省発表資料>

平成28年10月~平成29年8月までの公表事案(PDF)
公表事案の掲載基準(1)(PDF)
公表事案の掲載基準(2)(PDF)(上記掲載事案②に挙げられている資料です)

4 ブラック企業大賞

 インターネット上には、弁護士や大学教授などからなる私的団体によるブラック企業大賞というものもあります。これは、一定の基準により同団体がブラック企業候補としてノミネートした企業の中からウェブ投票などによって、ブラック企業の大賞を決めようというものです。
 ノミネートされた企業が違法なブラック企業であると断言することはできませんが、世間がいかなる企業を問題視しているかの参考にはなるでしょう。

<ブラック企業大賞HPはこちら>

ブラック企業大賞

5 おわりに

 「ブラック企業」に明確な定義はないものの、残業や長時間労働を課す会社に限らず、十分な休憩が取れない職場環境、危険を除去しないままの労働、組合員差別、賃金や一時金の未払い、パワハラ・セクハラといった問題を抱える企業が一般にブラック企業として認識されているようです。
 ブラック企業と呼ばれないためには、以上のような問題を除去していく必要があります。労働者が利用しやすい相談窓口を設置する、労働基準関係法に違反するような状態が形成されていないかを見直し、就業規則・労働契約を改善するといったことで問題の発生を未然に防ぎ、また問題を解決していくことが出来るのではないでしょうか。

<違法残業についてはこちらの記事も参照>

電通事件 社長、違法残業認める(法務ニュース)

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] furuya

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務NAVIまとめ 労務法務 労働法
第89回MSサロン(名古屋会場)
2017年11月14日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「モノづくり企業のためのIoT法務入門」です。
申込・詳細はコチラ
法務NAVIまとめ 労務法務 労働法
第91回MSサロン(東京会場)
2017年11月22日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
近内京太
2006年の弁護士登録以来、丸の内総合法律事務所にて、企業の法律顧問業務のほか、M&A、株主総会、危機管理、海外取引、企業関係訴訟、その他の企業法務全般を取り扱う。
2003年京都大学法学部、2016年ワシントン大学ロースクール(LLM)卒。2017年ワシントン州司法試験合格。2011年1月~2012年6月預金保険機構、2016年8月~2017年7月米国シアトルのShatz Law Group勤務。
趣味は、ロングトレイルを中心にランニング全般。
[近時の著作]
「自動運転自動車による交通事故の法的責任~米国における議論を踏まえた日本法の枠組みとその評価[上]・[下]」(国際商事法務44巻10号1449頁・11号1609頁) (2016)
American Bar Association, Section of International Law, Regional and Comparative Law: Asia Pacific, 51 The Year In Review 579 (2017)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「民法(債権法)改正の概要と約款取引について企業のとるべき対応」です。
申込・詳細はコチラ
法務NAVIまとめ 労務法務 労働法
第90回MSサロン(大阪会場)
2017年11月15日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
井関勝守
CPJAPAN綜合特許事務所 所長弁理士

知的財産に関する実務経験約18年。
2001年弁理士登録。

国内企業のみならず、多くの海外企業の案件に関わり、権利化業務に留まらず、知財紛争に関する支援や、産学連携を含む技術移転の支援、知財に関する交渉、契約、知財情報の分析、知財を活用した事業戦略・海外展開に向けた相談業務など多面的な業務を経験する。
また、発明推進協会の模倣被害アドバイザー、中小機構の経営支援アドバイザー、中小企業等外国出願支援事業の審査員(大阪府)、大阪府「ものづくりイノベーションプロジェクト」評価協力員等の公的な業務にも選任され、これまで関わってきた。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「知的財産を含む契約における特有の留意事項~自社事業を円滑に進めるために~」です。
申込・詳細はコチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

犯罪による収益移転防止法(犯収法)の概要... ~イントロダクション~  国際的なマネー・ロンダリングの防止・摘発のための制度の発展に合わせ、我が国でも、平成28年10月に『犯罪による収益の移転防止に関する法律』(以下、犯収法とします)が改正・施行され、金融機関以外の事業者も含まれる特定事業者を対象としたマネー・ロンダリング対策が強化され...
違法な残業か、適法な残業か、時間外労働まとめ... はじめに  先日、大手外食チェーン店が従業員に違法に時間外労働をさせたとして問題になりました。経営上、繁忙期や仕事が多い時期などに、企業は労働者に時間外労働をさせることがあります。一方で、単に時間外労働が慣例化している企業もあると思います。しかし、上記のように時間外労働が労働基準法に反する場合...
【法務NAVIまとめ】職場におけるパワーハラスメント... 1.パワーハラスメントの定義 職場のパワーハラスメントの定義は、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」である。 2.パワーハラスメントとして6つの典型例 パワーハラス...