残業時間規制等の議論状況

1 はじめに

 政府は、2017年2月14日、第7回働き方改革実現会議を首相官邸で開催し、時間外労働の上限規制について議論しました。この会議では、労働基準法の36条協定での残業時間上限を「月45時間、年360時間以内」と規定し、罰則付きの特例として労使協定締結を条件に「年720時間(月平均60時間)」とする政府原案を提示しました。政府は、この原案をもとに、3月末にまとめる実行計画に残業規制を盛り込み、今通常国会で関連法の改正を目指します。
 企業の法務担当者が、時間外労働の上限規制を含めた改正についてどのように対応すべきかを会議での検討を見ながら、検討していきます。

2 法改正の方向性

(1) 原則
 ①36条協定により、週40時間を超えて労働可能となる時間外労働の限度を、「月45時間、かつ年360時間」とします。この上限は法律に明記し、上限を上回る時間外労働をさせた場合には、次の特例の場合を除いて罰則が適用されます。

(2) 特例
 ②臨時的な特別の事情がある場合として、労使が合意して労使協定を結ぶ場合においても、上回ることができない年間の時間外労働時間を「1年720時間(月平均60時間)」とします。
 ③②の1年720時間以内において、一時的に事務量が増加する場合について、最低限、上回ることのできない上限を設けます。
 ④月45時間を超えて時間外労働をさせる場合について、労働側のチェックを可能とするため、別途、臨時的に特別な事情がある場合と労使が合意した労使協定を義務付けます。
 新技術、新商品等の研究開発業務、建設事業、自動車の運転業務等については、厚生労働大臣告示の適用除外となっており、実態を踏まえて対応のあり方を検討します。また、事前に予測できない災害その他避けることのできない事由については、労基法33条による労働時間の延長の対象となっており、改正せず継続します。

参考 時間外労働の上限規制について(事務局案)PDF直リンク

3 労働者側・使用者側の見解

 労働者側の構成員は、例外的な上限時間の取り扱いを行わず、過労死認定ラインとの間の距離感を明確にすることが必要であると述べています(神津里季生・連合会長)。また、十分な睡眠時間と生活時間を考慮して、「休息時間(勤務間インターバル)」は24時間につき原則として連続11時間を保障すべきと述べています。
 経営者側の構成員は、上限時間の規制が厳しすぎれば、企業の国際競争力を低下させる懸念があると述べています(榊原定征・経団連会長)。
 そのため、適用除外だけでなく、高度プロフェッショナル制度の創設や規格型裁量労働制の見直しも視野に入れるべきとの提案がされています(金丸恭文・フューチャー代表取締役、田中弘樹・イトーヨーカ堂人事室総括マネジャー)。
 規制を施すとしても、準備期間を設けることも提案する委員もいました(水町勇一郎 ・東大教授)。
 これらからすると、事務局提案における上限時間と罰則適用には、共通の合意がとれているといえそうです。しかし、適用除外と代替制度にはまだまだ検討の余地があるといえそうです。

4 野党提出法案について

 自由、民進、共産、社民の野党4党も、2016年11月15日に改正法案を衆議院に提出していました。
 ①残業時間の上限規制、②インターバル規制、③労働時間管理簿の調整義務付け、④違反事例の公表、⑤罰則の強化がこの法案の主な定めです。
 残業時間の上限規制は、36条協定によりできる1日8時間を超えた残業が、「労働者の健康の保持及び仕事と生活の調和を勘案して厚生労働省令で定める」時間を超えないものでなければならないと定めるのみならず、労働時間に含まれない休憩時間も確保することを求めています。
 そして、労働時間管理簿によって、労働者単位で日ごとの始業・終業時刻、労働時間などを記録させることを義務付けています。さらに、違法な時間外労働をさせた者には、「1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」の刑事責任を負うことになります(民進党・労働基準法の一部を改正する法律案、現行労働基準法32条、119条1号関係)。

5 まとめ

 残業時間の上限規制が法律によってなされると、企業法務担当者は、担当者を通じて労務管理を徹底することになりそうです。違法な長時間残業をさせた場合に科される罰則の具体的な中身は、いまだ明らかではありません。しかし、従業員に違法な長時間労働をさせた場合には、法人としての会社だけではなく、労務担当取締役、現場責任者といった従業員が刑事責任を負うことになります。野党提出法案のように、「1年以下の懲役又は50万円以下の罰金」と罰則が厳しくなれば、役員や現場責任者がより厳しい刑事責任を追及されるおそれが出てきます。
 現行法のもとでは、ABCマートの違法残業で法人としての同社と、労務担当取締役1名、店舗責任者2名が書類送検されています。また、電通の過労自殺では、法人と自殺した社員の上司だった幹部1名が書類送検されています
 改正後最初に違法な長時間労働で、従業員が刑事責任に負うことになると、大きく報道されるため、経済的損失が大きくなってしまいます。
 このような事態を防ぐために、法務担当者がいち早く残業時間規制に対する対応を提案をしていくべきでしょう。

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約1年8ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] mir21

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

このニュースに関連するセミナー

法務ニュース 労務法務 労働法
《東京開催》GDPR対応の実務 日本企業にとってのFAQと優先順位
2018年11月16日(金)
09:45 ~ 11:45
17,000円(税別)
東京都港区
講師情報
石川 智也
西村あさひ法律事務所 パートナー弁護士

2005年東京大学法学部第一類卒業
2006年弁護士登録(第一東京弁護士会)
2015年バージニア大学ロースクール卒業(LL.M.)
2016年Max Planck Institute for Innovation and Competitionにある
ミュンヘン知的財産法センター修了(LL.M.)、同年Noerr法律事務所ミュンヘンオフィス勤務
2017年米国ニューヨーク州弁護士登録

日本における知的財産法、営業秘密保護、個人情報保護法のほか、
EUにおける知的財産制度・競争法、EUデータ保護規則をはじめとする
グローバルベースでのデータ規制についても詳しい。

主催
レクシスネクシス・ジャパン株式会社/ビジネスロー・ジャーナル
本講演では、多くの日本企業のGDPR対応をサポートしてきた講師が、その過程でよく質問を受ける事項を解説するとともに、
作業の優先順位を明確にして、日本企業がどのようにGDPR対応を行い、今後どのようにGDPRコンプライアンスを維持していくべきかについて解説いたします。

解説に際しては、欧州データ保護評議会(EDPB)が公表・承認しているガイドラインの内容を踏まえることはもちろんのこと、各国の監督当局が公表している情報・オピニオンや、
GDPR施行後の当局の執行状況を含め、現地の最新動向について、お話ししいたします。

また近時、M&Aのデューディリジェンスの過程で買収する会社のGDPRコンプライアンスが問題になることがしばしばありますので、その際のチェックポイントについても触れたいと思います。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 労務法務 労働法
《東京開催》「働き方改革関連法」の施行に向けて企業が準備すべきこと
2018年12月19日(水)
09:45 ~ 12:15
18,000円(税別)
東京都港区
講師情報
高仲幸雄
中山・男澤法律事務所 パートナー 弁護士

早稲田大学法学部卒業

2003年弁護士登録(第一東京弁護士会)、中山慈夫法律事務所(現中山・男澤法律事務所)入所
2009年以降、国士舘大学21世紀アジア学部非常勤講師、現在に至る
主な取り扱い分野は、人事労務関係・会社法務・民事全般

著書(いずれも単著):
「人事労務制度使いこなしマニュアル」 中央経済社/「実務家のための労働判例読みこなし術」労務行政/「労使紛争防止の視点からみた人事・労務文書作成ハンドブック」日本法令/「有期労働契約 締結・更新・雇止めの実務と就業規則」日本法令など

主催
レクシスネクシス・ジャパン株式会社/ビジネスロー・ジャーナル
本年6月に成立した『働き方改革関連法』によって、これから順次、様々な規制の施行日を迎えることになり、企業はその対応に追われることになります。
その中で重要なのは、「労働基準法等の改正による労働時間・休日・年休制度の見直し」と、「非正規社員の待遇改善(同一労働同一賃金)に関する法改正」です。

本講演では、まずは、施行日が迫る労働基準法の改正分野について、【労働時間・休日・年次有給休暇】の制度設計や運用の見直しを中心に、就業規則の見直し方法やアルバイト等のシフト勤務も視野に入れた実務レベルでの労務管理方法を解説します。

次に、「同一労働同一賃金」では、現状では様々な裁判例が相次いで出されており、情報が錯綜している中で優先して改善すべき待遇や手当、非正規社員から待遇差について説明を求められた場合の対応方法などを最新の情報をもとに解説します。

実務担当者はもちろん経営者・人事・労務・総務の各部門で人事制度や賃金制度を検討するにあたって必須の内容を盛り込みます。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 労務法務 労働法
《大阪開催》今さら聞けない英文契約書セミナー(英文契約書の基礎、英文契約書交渉)
2018年12月15日(土)
09:30 ~ 15:15
・(午前)か(午後)のいずれか1つに参加の方:各回12,800円+税(書籍代を含む)※書籍を購入済みで持参の方:各回10,000円+税 ・(午前)と(午後)の両方に参加される方:19,800円+税(書籍代を含む)※書籍を購入済みで持参の方:17,000円+税
大阪府大阪市
講師情報
吉川 達夫
ニューヨーク州弁護士/外資系企業 VP, General Counsel

外資系法務本部長、駒澤大学法科大学院、国士舘大学21世紀アジア学部非常勤講師
元Apple Japan法務本部長、元伊藤忠商事法務部、元Temple Law School日本校客員教授。上智大学法学部、Georgetown Univ. Law Center卒


編著:『ライセンス契約のすべて 実務応用編』(編著、第一法規、2018年),『ライセンス契約のすべて 基礎編』(編著、第一法規、2018年),『ダウンロードできる 英文契約書の作成実務』(編著、中央経済社、2018年)など,著作・論文多数


主催
レクシスネクシス・ジャパン株式会社/ビジネスロー・ジャーナル
ニューヨーク州弁護士で、外資系会社VP, General Counselの吉川達夫氏(元Apple Japan 法務本部長、VMware Japan法務本部長、2社合計15年以上)を講師にお招きし、東京において過去数年間にわたり毎年多くの方からご参加を頂いております「今さら聞けない英文契約書セミナー」を、初心者向けの午前の部(基礎編)と午後の部(交渉編)に分けけて初めて大阪にて開催いたします。

基礎編は、英文契約書を読んでみたい方、国際法務にこれから携わる方や弁護士の方、携わっているが改めて基礎を確認されたい方などに、この機会に是非ご参加頂きたい内容になっております(英文契約書の読み方を中心に解説します)。

交渉編は、国際法務の実務を担当されている方、多少の基礎知識はあるが自己流で勉強された方、弁護士の方、発展的な学習をされたい方などにお勧めです。

当日は講師著書の国際ビジネス法務(第2版)(第一法規株式会社/2018年3月発売 /2,800円+税)を教科書として使用します。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 労務法務 労働法
《名古屋開催》自動運転技術に関する法律問題(ITビジネス法務勉強会:第6回)
2018年11月22日(木)
15:00 ~ 17:00
3,000円(税込)
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田 圭介 杉谷 聡
■和田 圭介
略歴:
愛知県春日井市出身
愛知県立旭丘高校卒業
2004年 京都大学法学部卒業
2005年 弁護士登録(58期 第二東京弁護士会)
クリフォードチャンス法律事務所外国法共同事業入所
2008年 フランス系ラグジュアリーブランド日本支社(出向)
2010年 アメリカ、Duke University School of Law(法学部)LLM卒業
2010年 クリフォードチャンス香港オフィス(出向)
2011年 日系の大手財閥系総合商社のイギリス子会社の法務部(出向)
2013年 ニューヨーク州弁護士登録
2015年 IBS法律事務所開設(愛知県弁護士会に登録換え)
2017年 オリンピア法律事務所 パートナー

■杉谷 聡
略歴:
愛知県一宮市出身
愛知県立一宮高等学校卒業
2016年 一橋大学法学部卒業
2017年 弁護士登録(70期 愛知県弁護士会)
オリンピア法律事務所入所
ITに関する法律を学び、ビジネスに活かしていただくためのITビジネス法務セミナーです。第6回目のテーマは自動運転技術に関する法律問題です。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 労務法務 労働法
《12月 東京開催》AIによる英文契約翻訳システム T4OO事例セミナー
2018年12月11日(火)
15:30 ~ 17:00
無料
東京都新宿区
講師情報
大手通信メーカーの国際法務担当者
外資系金融機関、世界的アパレルメーカーの法務部門を経て、創業100年を超える大手通信メーカーの法務部長(現職)の方が講師を務めます。

長年の英文契約、国際交渉等の経験から国際法務に精通しています。
AIによる英文契約翻訳システム T4OOを導入している企業の法務担当者が講師を務め、実際の活用事例をご紹介いたします。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 労務法務 労働法
《11月 東京開催》AIによる英文契約翻訳システム T4OO事例セミナー
2018年11月26日(月)
13:30 ~ 15:00
無料
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
サイネオス・ヘルス合同会社
アジア太平洋地域法務責任者

1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業双方で通算30年以上の企業法務・国際法務の経験を有する現役の企業法務責任者です。
AIによる英文契約翻訳システム T4OOを導入している企業の法務担当者が講師を務め、実際の活用事例をご紹介いたします。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 労務法務 労働法
《東京開催》少人数法務の為の企業法務研究会
2018年11月28日(水)
19:30 ~ 20:30
無料
東京都渋谷区
講師情報
舩山 達
株式会社フルスピード(東証二部上場)
法務・総務部 部長
慶応義塾大学法学部法律学科卒
大阪市立大学大学院法学研究科法曹養成専攻修了
従業員5人のベンチャー企業に就職。2回の転職を経て現職。
少人数やノウハウの蓄積のないために業務の進め方に不安を持っている法務担当者のための意見交換会です。
今回のテーマは「弁護士の選び方、活用方法」です。
申込・詳細はコチラ
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

「第三者委員会」とは何か:企業不祥事対応の特効薬... 1 企業不祥事対策の定番となった第三者委員会  アグリフーズの異物混入事件の頃から注目され始め、最近は、大手企業の不祥事が発覚すると「第三者委員会」や「調査委員会」が設置されるのが定番となっている。また、設置後一定期間がたつと調査報告書が公表され、なかには、すき家の第三者委員会報告書のように労働環...
書籍の自炊代行と法的問題点 1 概説 自ら所有する書籍を自分で利用するためにデジタル化する行為(いわゆる「自炊」)は、現時点では著作権法上の問題はないとされている。しかし、スキャンされたデータはコピーが容易で劣化せず、またインターネットに違法アップロードされる危険があるとして、出版業界には電子書籍化行為のビジネスへの影響を懸...
明治安田生命 一般職を廃止、地域限定総合職として登用... 事案の概要 明治安田生命は2017年4月までに一般職を廃止しすることを決めた。これに代わって転勤のない地域限定の総合職として登用する。一般職は女性が中心で約3100人おり、事務全般に従事していたところ、総合職として職務の幅を広げ、賃金や昇格といった処遇体型も地域型の総合職に一本化するという。同社...