茶のしずく石けん訴訟、請求総額100億超に

記事「茶のしずく石けん訴訟、請求総額100億超に」のイメージ

概要

福岡県の石けん製造販売会社「悠香」が販売した「茶のしずく石けん」の旧製品による小麦アレルギー被害を受けた購入者らが、同社らに製造物責任法(PL法)3条に基づく損害賠償を求める訴訟が各地で提起されている。
そんな中、茨城県と福島県の女性5人が6日、同社らに計6500万円の賠償を求める訴訟を水戸地裁に提起した。
これにより、同様の訴訟は今回を含め全国23都道府県で起こされ、原告は764人、請求総額は約100億3000万円となった。

原告らは、旧製品にはアレルギー症状の既往がない健常者にアレルギー症状を発症させるという欠陥があり、洗顔石けんとして通常有すべき安全性を欠いていたことにより、小麦を食べた後のまぶたの腫れや顔のかゆみ、鼻水、じんましん、血圧低下や呼吸困難等の健康被害を引き起こしたと主張している。

旧製品に対しては、今年4月に全国の500人余りが計約70億4000万円の賠償を求めて一斉提訴して以来、各地で弁護団の結成・被害対策窓口の設置などがなされ、同様の訴えを提起する動きが活発になっていた。

コメント

PL法3条は、「製造業者等は、その製造…をした製造物であって、その引き渡したものの欠陥により他人の生命、身体又は財産を侵害したときは、これによって生じた損害を賠償する責めに任ずる」と規定する。
つまり、製造物に「欠陥」が存在すれば過失の有無にかかわらず賠償責任を肯定するので(無過失責任)、商品製造の知識に疎い消費者が製造業者側の「過失」を証明しなければならない不法行為責任(民法709条)の追及よりも、被害者救済に資する。

しかし、それでもなお「欠陥」と「損害」との因果関係(「により」)の証明責任は負う。
今回のように、石けんの利用者である原告が多数おり、しかもその年齢・健康状態・既往症などが多種多様である状況下では、各人の健康被害が石けんの欠陥との因果関係を有するかを証明・認定するのは、医学的な専門知識及び膨大な時間を要する作業となろう。
よって、証明責任の公平な負担・紛争の早期解決のため、経験則の活用や蓋然性の立証等の方法により、消費者の証明責任を軽減するべきである。

各地の弁護団
消費者庁 PL法について

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約5年5ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
 
[著者情報] sakurasaku

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

訴訟・行政
第93回MSサロン(名古屋会場)
2018年02月15日(木)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「法務部員のための国際仲裁入門」です。
申込・詳細はコチラ
訴訟・行政
第92回MSサロン(大阪会場)
2018年02月06日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
山口昌之
2005(平成17)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録
なにわ共同法律事務所入所
2015(平成27)年1月
山口法律会計事務所入所
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「社員の不祥事に対する会社としての対処法(第2回)」です。
申込・詳細はコチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

「MS SQL Server」を不正コピーしていたサーバ運用会社と1億円で和解... 事案の概要 10月31日、社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は、データベース管理ソフト「MS SQL Server」を不正コピーしていたサーバ運用会社との間で和解交渉を続けていたところ、和解金1億円を支払うことなどを内容とする和解が10月30日に成立したと発表した。 サーバ運用...
浦安市の液状化、住民らによる訴訟が拡大... 概要  千葉県浦安市の住民らが、東日本大震災で住宅に液状化被害が起きたのは宅地開発時に地盤対策を怠ったためだと主張して、三井不動産などを訴える動きが広がっている。  同社への訴訟は、2011年11月、3人(3戸)が1億2450万円の損害賠償を求めて東京地裁に訴えたのを初めとする。今年2月3月には、...
東京地裁、違法アップロード者の情報開示請求を認容... 事件の概要 5月8日、東京地方裁判所は、被告プロバイダのソネットエンタテインメントに対して、ファイル共有ソフトを介して、音楽ファイルをインターネット上に違法公開していたとして、氏名等の自らの情報を、日本コロンビア、ポニーキャニオンら原告レコード会社に開示するべく、判示した。 被告プロバイダが、原...