特許料等の減免制度改正についてパブリックコメント募集

1 はじめに

 特許料減免申請に関する「特許法施行規則等の一部を改正する命令案」について、2017年11月13日からパブリックコメントを募集しています。この改正が実現されると、特許料減免申請書及び要件に該当することを証明する書面を一度提出すれば、その後も自動的に減免手続がされます。これによって、特許料減免制度を利用する中小企業・ベンチャー企業が継続的に減免申請手続をする負担から解放されることになります。

2 改正の概要

 特許料の減免申請では、特許料納付書とともに特許料減免申請書及び要件に該当することを証明する書類を添付して、提出することになっています。また、第4年分から第10年分の特許料を別に納付する場合には、その都度、前述の申請書及び証明する書類を提出することとなっています。
 今後の改正案では、一度減免が認められた場合、以後減免申請がなくても第10年分までの特許料を自動的に減免することになります。

3 改正の趣旨

 減免制度を利用する中小企業に生じる複数回の手続負担を回避するためです(複数回にわたる手続の煩雑さ、証明書類の収集や作成)。また、特許庁が申請に対応する行政コストを削減する目的もあります。

4 そもそも減免申請に必要な書類は?

 減免申請をする場合は、①軽減を受ける手続(審査請求・特許料納付)と同時に②審査請求料減免申請書又は特許料減免申請書に加えて、③要件を満たすことを証明する書類を提出します。
 ①はオンラインで提出できますが、②③は書面で提出する必要があります。
 ③については、申請主体によって必要な書類が異なりますが、その一部を以下に載せておきます。

(1) 中小ベンチャー企業・小規模企業等 → 3分の1に軽減
【※平成30年3月までの審査請求が対象となります】
①~④いずれかに該当する場合

 

 

  

要件 提出する証明書類
①小規模の個人事業主 ・小規模の要件に関する証明書
②事業開始後10年を経過していない個人事業主 ・事業開始届
③小規模企業(法人) ・小規模の要件に関する証明書
・法人税確定申告書別表第2の写し又は株主名簿・出資者
④設立後10年未満で資本金3億円以下の法人 ・定款又は法人の登記事項証明書
・法人税確定申告書別表第2の写し又は株主名簿・出資者

※1.小規模とは従業員20人以下(商業又はサービス業は5人以下)を言います。
※2.③及び④は、子会社など支配法人のいる場合を除きます。

(2) 法人(非課税法人など) →半額軽減
①~③全てに該当する場合

 

要件 証明書類(各欄記載ごといずれか1つを提出)
①次のいずれか A:法人税非課税
        B:設立10年未満
法人税確定申告書別表第1、納税証明書(写し可)
定款、寄付行為、法人登記事項証明書
②資本金3億円以下である 定款、法人登記事項証明書、前事業年度末の貸借対照表
③他の法人に支配されていない 法人税確定申告書別表第2、株主名簿・出資者名簿 

(3) その他
そのほかの場合は、減免制度パンフレットをご覧ください(PDF)。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] mir21

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務ニュース 知的財産権 知財ライセンス 特許法
第91回MSサロン(東京会場)
2017年11月22日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
近内京太
2006年の弁護士登録以来、丸の内総合法律事務所にて、企業の法律顧問業務のほか、M&A、株主総会、危機管理、海外取引、企業関係訴訟、その他の企業法務全般を取り扱う。
2003年京都大学法学部、2016年ワシントン大学ロースクール(LLM)卒。2017年ワシントン州司法試験合格。2011年1月~2012年6月預金保険機構、2016年8月~2017年7月米国シアトルのShatz Law Group勤務。
趣味は、ロングトレイルを中心にランニング全般。
[近時の著作]
「自動運転自動車による交通事故の法的責任~米国における議論を踏まえた日本法の枠組みとその評価[上]・[下]」(国際商事法務44巻10号1449頁・11号1609頁) (2016)
American Bar Association, Section of International Law, Regional and Comparative Law: Asia Pacific, 51 The Year In Review 579 (2017)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「民法(債権法)改正の概要と約款取引について企業のとるべき対応」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)

あわせて抑えておきたい関連記事

ドロップシッピング商法で初摘発 概要 ドロップシッピング(DS)商法をめぐり、店舗開設者に虚偽の説明をして契約料をだまし取ったとして、警視庁生活経済課は3日、詐欺の疑いで、ネット関連会社「サイト」(東京都台東区)の実質的経営者の男を逮捕した。 同課によると、DS商法に絡む逮捕は全国初。 DS商法では、業者側がホームページ...
TPP合意による国内法改正の方向性について... 1、国内法の改正する分野  環太平洋経済連携協定(TPP)の政府対策本部が10月22日TPPに伴う国内法の改正について関税の分野と知的財産分野にとどまるとの見通しを示したと10月23日付朝日新聞デジタル版が報じた。  関税分野と知的財産分野における改正はどのような内容であろうか。 2、TPP合...
海外展開する企業のリスク管理、広報対応... 事案の概要 アルジェリア東部で起きた人質事件を受け、日揮を含め国内プラント各社はリスク管理体制の徹底に動き始めた。 各社は1960年代からいち早く海外に進出。アフリカに加えアジア、中東などの資源開発を商機に成長を遂げてきた。 リスク管理には日本企業の中でも「一日の長」があるものの、今回の事件の...