アルペン、355人が応募、早期退職制度のメリット・デメリット

はじめに

 アルペンは26日、募集していた希望退職者が355人に達したと発表しました。これにかかる約21億円の費用は業績予想には織り込み済みとのことです。今回は早期退職制度の問題点等について見ていきます。

事案の概要

 報道などによりますと、スキーなどのレジャー用品大手「アルペン」(名古屋市)は2月4日から早期退職社を募集しておりました。抜本的な構造改革と収益性の改善のための施策の一環とのことです。募集人員は300名程度で対象は同社と子会社である株式会社ジャパーナに在籍する45歳以上64歳未満の社員とされます。退職日は今年3月20日で通常の退職金に加え特別加算金が支給されます。これに要する約21億円の費用は6月期決算に特別損失として計上されるとのことです。

早期退職制度とは

 早期退職制度とは、会社が従業員に対して退職希望者を募集し、希望する従業員には通常の退職よりも有利な条件を提供する制度を言います。就業規則に定められている場合や、その都度募集がなされる場合があり通常は希望者に対して割増退職金が支給され、場合によっては再就職先等のあっせんを伴うこともあります。多くの企業で導入されている制度ですが、この制度にもメリット・デメリットがありまた法的な問題が発生することもあります。以下具体的に見ていきます。

早期退職制度のメリット・デメリット

 早期退職制度の一番のメリットは人員の整理と人件費の削減が期待できることです。高齢となり給与も高額となった人員と若い従業員を交代させ社内改革を行い、増加していく人件費を抑制することができるということです。退社する従業員としても通常よりも割増された退職金を得て定年よりも早い時期に退職することから第二の人生を計画しやすくなります。一方デメリットとしては短期間で退職希望者が集中した場合相当のコストを要することとなり、また会社にとって必要な人材が過剰に流出してしまうと言った事態もあり得るということです。そのため多くの企業では早期退職の条件として会社の承認を必要とする旨の定めを置くことがあります。

早期退職制度と法的問題

 早期退職制度を巡ってしばしば問題となるのが早期退職の成立の有無について会社側と従業員で相違が生じることです。例えば次のような事例が存在します。ある企業で事業年度の途中で早期退職制度が廃止されましたが、廃止前に早期退職希望を申し出ていた従業員が割増退職金を受け取る権利の確認を求め提訴したものがあります。この事例で最高裁は同社の就業規則では会社の承認を条件としており承認するか否かは会社の裁量とし、従業員は通常の退職は可能であることから退職の自由も侵害されないとしました(最判平成19年1月18日)。つまり会社の承認がなければ成立せず、合理的な理由があれば承認するかどうかは会社の裁量であるということです。

コメント

 本件でアルペンは約21億円の費用で300人以上の人員を整理し構造改革を行います。このように経営再編の一環として人員整理が必要な場合には早期退職制度を利用することも可能ということです。一方で人員が想定よりも多く流出した場合には事業としての価値が減少し事業譲渡や吸収分割といった組織再編に支障をきたすこともありえます。そこで条件として会社の承認を要する旨の規定を置くことが考えられます。この場合でも承認の有無について事後、紛争が生じることもあり得ることから早期退職の申し込みとその承諾は書面で行うことが無難と言えます。また承認しない場合や早期退職制度自体を廃止する予定がある場合には早めに従業員に周知し、他の制度がある場合はその勧奨や他のグループ企業等へのあっせんが可能であればそれらを踏まえた相談に乗るなどの柔軟な対応が望ましいと考えられます。早期退職制度を導入している場合は今一度就業規則の規定を見直しておくことが重要と言えるでしょう。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] mhayashi

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

このニュースに関連するセミナー

企業 法務ニュース 労務法務 労働法
《名古屋会場》第109回MSサロン
2019年04月03日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田 圭介
略歴:
愛知県春日井市出身
愛知県立旭丘高校卒業
2004年 京都大学法学部卒業
2005年 弁護士登録(58期 第二東京弁護士会)
クリフォードチャンス法律事務所外国法共同事業入所
2008年 フランス系ラグジュアリーブランド日本支社(出向)
2010年 アメリカ、Duke University School of Law(法学部)LLM卒業
2010年 クリフォードチャンス香港オフィス(出向)
2011年 日系の大手財閥系総合商社のイギリス子会社の法務部(出向)
2013年 ニューヨーク州弁護士登録
2015年 IBS法律事務所開設(愛知県弁護士会に登録換え)
2017年 オリンピア法律事務所 パートナー
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「基礎からわかる人工知能(AI)に関する法律問題」です。
申込・詳細はコチラ
企業 法務ニュース 労務法務 労働法
《札幌初開催》第111回MSサロン
2019年04月18日(木)
18:30 ~ 20:30
2,000円
札幌市中央区
講師情報
岡崎 拓也
平成13年3月 早稲田大学法学部卒業
平成13年10月 司法試験合格
平成15年10月 弁護士登録(56期/札幌弁護士会)
       田中敏滋法律事務所(現在「札幌英和法律事務所」)
平成23年7月 岡崎拓也法律事務所設立
平成23年9月 社会福祉法人北海道光生会・評議員(現在、評議員のみ現任)
平成25年11月 株式会社ホクリヨウ監査役(現任)
平成27年4月 札幌弁護士会常議員会副議長
平成27年6月 フルテック株式会社監査役
平成28年4月 札幌弁護士会副会長
平成28年6月 フルテック株式会社監査等委員取締役(現任)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「スタートライン企業法務」です。
申込・詳細はコチラ
企業 法務ニュース 労務法務 労働法
《東京開催》AIによる英文契約翻訳システム T4OO事例セミナー
2019年04月03日(水)
15:45 ~ 17:15
無料
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
サイネオス・ヘルス合同会社
アジア太平洋地域法務責任者

1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業双方で通算30年以上の企業法務・国際法務の経験を有する現役の企業法務責任者です。
AIによる英文契約翻訳システム T4OOを導入している企業の法務担当者が講師を務め、実際の活用事例をご紹介いたします。
申込・詳細はコチラ
企業 法務ニュース 労務法務 労働法
《東京開催》少人数法務の為の企業法務研究会
2019年03月27日(水)
19:30 ~ 20:30
無料
東京都渋谷区
講師情報
舩山 達
株式会社フルスピード(東証二部上場)
法務・総務部 部長
慶応義塾大学法学部法律学科卒
大阪市立大学大学院法学研究科法曹養成専攻修了
従業員5人のベンチャー企業に就職。2回の転職を経て現職。
少人数やノウハウの蓄積のないために業務の進め方に不安を持っている法務担当者のための意見交換会です。
今回のテーマは「契約書レビューの手法」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

「牛肉、豚肉、鶏肉が半額!」との表示 措置命令へ... 事案の概要  有限会社ミート伊藤は、毎月29日等に実施する「肉の日」等と称する売出しに際し、対象商品を一般消費者に販売するに当たり、例えば、平成26年7月22日に、愛媛県宇和島市内に配布した新聞折り込みチラシないし愛媛県内で放送されたテレビコマーシャルにおいて、「7月29日(水)肉の日限り」とした...
音や動きも保護される!?-商標法改正-... 概要   特許法等の一部を改正する法律(平成26年5月14日法律第36号)により、商標法が改正され、色彩のみからなる商標、音商標など、これまで商標として登録し保護することができなかった商標について登録をすることができるようになった。ラッパのマークの正露丸でお馴染みの大幸製薬は、今月、早速CMで流れ...
ゆうちょ銀行 融資業務参入か 事案の概要 ゆうちょ銀行が融資業務への参入を申請している問題で、郵政民営化委員会の西室泰三委員長が14日の記者会見で「全体を包括して言えば、条件付認可となる」と述べ、ゆうちょ銀行の参入を条件付で認める方針を明らかにした。同委員会は今後正式に意見書をまとめ、最終的な認可権限を持つ総務省と金融庁に提...