金融庁、生損保の格付け導入
2012/02/24   行政対応, 民法・商法, 金融・証券・保険

概要

金融庁は、国内で営業しているすべての保険会社に対して、法令を守る姿勢や顧客保護の態勢などを4段階で評価し、その結果を次回の検査までの期間や、検査の厳しさなどに反映する制度を導入すると発表した。
6月までに試験的に始め、その後に本格的に導入する。
具体的には、経営管理態勢のほか、法令等順守態勢、保険募集管理態勢、資産運用リスク管理態勢など、金融検査マニュアルで分類される8項目について、A─Dの4段階で評価する。
保険会社に対する検査はおおむね3~4年に1回行われる。新制度では、評定結果は被検査会社に通知するほか、C評価以下の項目数が多い保険会社に対して検査サイクルを短縮したり、高い評価の項目を検証対象から外したりするなど、その後の検査の頻度、範囲、深度に反映させることを想定している。
なお、検査結果の公表は予定されていない。
同様の評定制度は、銀行を対象に2005年から導入されている。

私見

検査にまわせる金融庁の職員などには限りがあり、国家公務員の採用が抑制されている現状では、人員を増やして検査に対応することは困難である。そのため、今回の制度は効率的で実行性のある検査のためには有効であると考える。
検査結果の公表は予定されていないのであるから,金融庁にはしっかりとした検査を期待したい。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。