EUでサムスン社製品への販売仮差止命令!-アップルvsサムスン訴訟でひとつの判断下る-
2011/08/10   知財・ライセンス, 特許法, メーカー

事案概要

現在スマートフォン市場の世界シェア第1、2位を争っている米アップル社と韓サムスン社との間では現在、特許関連の訴訟が日本を含め世界数カ国で争われている。アップルがサムスンの製品は自社の製品と類似しており、その製品の差し止めを求めるというものであり、それに対してサムスンが反訴を提起して紛争は拡大している。その中でいち早くドイツでひとつの判断がくだされた。

仮差止命令の持つ意味

ドイツのデュッセルドルフ地方裁判所はオランダを除く(オランダでは別の訴訟が係属しているため)EU各国の市場でサムスン製の最新タブレット端末「Galaxy Tab 10.1」の販売停止を命じる仮差止命令を下した。仮差止命令の段階なので、サムスンが控訴した場合この判断が覆る可能性はないわけではない。しかし、判決がくだるまでこの差止命令が維持される可能性もあり、サムスンにとって大きな影響を及ぼす恐れのある判断と言えそうだ。

雑感

スマートフォン業界の中心を担い、競合するだけでなく、部品供給などで協力もしている両者の訴訟の帰趨はこの業界の流れをつかむえ上で重要なものだが、アップルが関わる訴訟はこれにとどまらないし、Android・グーグルなども含めたこの業界での訴訟は次々に提起されている。これらの訴訟の防御手段を得る目的で特許を持つ企業を買収することも盛んに行われている。これらの訴訟・買収合戦が製品の防衛にとどまっていると業界・製品の革新につながらないが、現状ではこの業界の勢いを反映したものであるようにみえる。
この種の訴訟は労力も大変であろうが業界の中心にいればさけられないものとも言える。その意味で日本企業の名前がさほど現れていないのは残念なことであって、攻撃的な訴訟がみられることを期待したいものである。

【関連リンク】
サムスン端末を販売差し止め=特許侵害、EUで初認定 -時事ドットコム-
ノキア、首位陥落 - スマートフォン販売台数でアップルが世界1位に -WirelessWire News-

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。