増加の一方! クレジットカード現金化トラブル
2011/06/28   消費者取引関連法務, 民法・商法, その他

相談件数

 「クレジットカード現金化」に関する相談件数は2005年度から2009年度の約 5年間で 696件であるのに対し、2007年度606件(国民生活センター)とほぼ 同数である。2011 年度は5月末時点45件と着実に増え続けているのが現状 である。
 

クレジットカード現金化とはいったい何か?

  ケース1
   買取屋が利用者と販売店に行き、ショッピング枠いっぱいまで商品を購入させる。 そして、100万円で購入した商品を、買取屋が70万円で買い取り現金が渡すという方法がある。

  ケース2
   具体的には、価値のないブレスレットを1個10万円で購入させ、7万円をキャシュバックする方法がある。

   いずれのケースも、一時的に現金を手に入れることができても、その金額よりも高額なクレジットカードの支払いに追われるため、大変大きなリスクの伴う行為である。 

クレジットカード現金化の増えた背景

  クレジットカード利用に2010年改正6月の貸金業法のにより施行により、総量規制が設けられたことによる   (13条)
   具体的には、
  1貸金業者からの個人の借金の総額は、原則として、年収等の3分の1までになり、それ以上借りられなくなたこと
  2専業主婦(夫)の方は、総量規制の例外としての配偶者貸付けにより、配偶者と合わせた年収等の3分の1以下の借入れが認めらるが、配偶者 の同意書、夫婦関係証明書面(住民票)等の提出が求められるので個人 で借りにくくなったこと
  3ショッピング取引の場合には、総量規制の対象にならないことによる。

  

本当に合法?

  クレジットカード契約違反になるため、クレジットカード会社から退会手 続きをとらされる可能性もある。 さらに不正な利用方法であることを知りながら「クレジットード現金化」を利用することは消費者も詐欺罪(刑法第 246 条)等が適用される可能性がある。

対策

 クレジットカード業者は安全、安心、合法などとネットをはじめ、広告でうたっているが、カード契約違反なので、信用してはならない。
  万が一トラブルに陥った場合には、信用できる機関(消費者生活センターの多重債務窓口、弁護士の無料相談会など)に相談することが有効である。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。