検察内部の検察誕生!? 検察の信頼回復の試み
2011/06/21   訴訟対応, 刑事法, その他

概要

最高検は7月から検察庁職員の不祥事や不適切な捜査を調査する監察担当の部署を新設する方針を決めた。

詳細

現在警察や国税当局には独立した監察部門があるが、検察局にはない。
この機関の目的は、行き過ぎた捜査・追求による冤罪の発生の防止とされている。
監察担当部は最高検に設置し、検事5人前後と事務官ら計十数人を配置する。
今回の部門設立はやはり、2010年に大阪地検で起こった厚労省元局長村木氏の操作に関する「郵便不正を巡る証拠改ざん事件」の影響が大きいだろう。
同僚検事が改ざんの事実を告げられながら放置していたことが問題となり、組織ぐるみの隠蔽・秘匿体質があらわとなった。

総評

過激な取り調べ・自白の強要などで従来から批判されていた検察局。
検察の信頼を一気に失った証拠の改ざん事件も記憶に新しい。
13日には東京地検特捜部が初めて取り調べの全過程を録音・録画(可視化)した事件の容疑者が起訴されるなど、信頼回復にむけて努力しているようだが、今回の試みも功を奏することができるか。
国民全員で動向に注意することが重要ではないか。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。