音楽の"新しい"楽しみ方? -Appleも参入する?クラウド音楽サービス-
2011/05/25   知財・ライセンス, 著作権法, エンターテイメント

音楽の"新しい"楽しみ方?

クラウドベースの音楽サービスについては近年色々な企業が行うのではないかと報道されてきたが、今年になって大きく動いてきている。クラウドベースの音楽サービスとは携帯端末によってサーバーにアクセスし、端末にダウンロードすることなく聴けるサービスをいう。アマゾン(Amazon)が「Cloud Drive」を3月末に、またグーグル(Google)も今月に入って「Music beta by Google」を開始しており、ここにきてアップル(Apple)がクラウドベースの音楽サービス提供に向け、大手レコード会社3社との契約を締結させたと報道されている(ただし、実際に楽曲を使用するには音楽出版社との契約が別途必要となる)。しかし、前2社はアップルと違い音楽会社との交渉がまとまらないうちにいわば「見切り発車」の形でスタートさせている。

音楽の楽しみ方は10年前とは大きく変わっているが、ここから10年でも当然のことながら変わっていくと思われる。ネットサービスの主戦場がクラウドサービスになりつつある現在、音楽管理についてもそうなっていくのではと思わせるのが今回の事例である。しかし、音楽とネットについては著作権の問題が大きく関わってくる。Napster(※ファイル共有サービスとしてのもの。現Napster社とは異なる。)事件などの著名な事例に限らず、今でも違法配信等は後を絶たない。音楽会社との交渉がまとまらない背景には著作権をいかにして保護していくかということが関わっている。日本でのサービスも当然予想されるので、データ保護等のサービスの信頼性やどのようなプラットフォームで提供されていくのかといった利便性のみならず、日本の著作権者たちがいかなる対応を取るのかを含めて今後が注目される。今までの日本の著作権者との交渉を考えると日本では一筋縄でいきそうにないのではないかと思っていますが…。

【関連リンク】
アップル、クラウド音楽サービス提供に向け、大手レコード会社3社と契約(Bloomberg報道)-WirelessWire News-

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。