”口パク”は悪いこと?
2011/05/18   法務相談一般, 外国法, エンターテイメント

”口パク”は悪いこと?

口パクとは音声と同期して口を動かすことをいい、英語では「lip sync」or「lip synch」という。これについて韓国でダンスなどに集中して実際には歌わない歌手やグループに罰則を科す公演法改正を国会議員が呼びかけ、話題になっており、賛否両論あるという。北京オリンピックのときに話題となった中国では、歌手が商業目的のコンサートで口パクをした場合には罰金がかされることになっている。他の国ではどうかというと、激しいダンスパフォーマンスを見せるためにあえて口パクを演出として行う歌手もおり、口パクに対する考え方は上記の韓国と同じく分かれるようである。

ライブなどを字義的に理解すれば生演奏などとなるのかもしれないが、個人的にはその場限りのものを見られることにその楽しみがあり、それは歌のみではないと思う。歌よりもダンスなどの演出の方が盛り上がると判断するのであればそうするべきだ。ただ、演出やMCでもうまくいかないのであればそれは歌うほか無いだろう。仮に声の調子が悪かったとしても「その場限りの」ライブさを観客は感じ取ってくれるのではないかと思う。

しかし、これについて国や法が出るべき領域だとは全く思えませんね。みなさんはどう思われますか?

【関連リンク】

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。