理研の笹井氏の自殺 再生医療分野の発展に多大な損失
2014/08/06   法務相談一般, 民法・商法, その他

事案の概要

STAP問題の中心人物の一人理化学研究所(理研)の笹井芳樹氏(52)が5日自殺したことがわかった。笹井氏は再生医療分野の第一人者・世界的権威で、STAP細胞に関する論文発表にも関与していた。

STAP問題

STAP細胞の論文に関する一連の問題。
STAP細胞の正式名称は刺激性惹起性多能性獲得細胞(Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency )。2014年1月30日号NatureにSTAP細胞に関する論文が掲載された。
その後データの不正使用や捏造などが指摘され、最終的には論文を撤回した。この問題は社会的に大きな反響を呼び、理研やSTAP細胞に対する社会的な不信を情勢してしまった。
理研第三者委員会の纏めた報告書によると笹井氏自体は研究不正に関与していないが、STAP論文筆頭著者である小保方氏の上司として責任重大と指摘されていた。

コメント

最先端技術の研究には多大な費用が掛かり補助金支出の必要性が高い。
補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律6条1項によると、補助金の交付を決定する者が「補助事業等の目的及び内容が適正 」であると認めたときに交付が決定される。研究不正や捏造の指摘がされ、国民的理解が得られない状況だと補助金の交付は難しい。したがって捏造や研究不正の全容を解明し、国民の不信を払拭することが、補助金の交付やそれによる再生医療の発展に不可欠であると言える。
しかしSTAP問題の中心人物のひとり笹井氏が亡くなったことで全容解明が困難になり、国民的な理解を得ることも難しくなったと言える。残された関係者は、再生医療の発展を阻害しないように全容解明に協力し国民的理解を得る努力をすることが求められる。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。