総務省、P2Pファイル共有ソフトでの違法ダウンロードに注意喚起の実証実験
2013/01/29   知財・ライセンス, 著作権法, その他

事案の概要

総務省は1月25日、WinnyやShareといったP2Pファイル共有ソフトでの違法コンテンツの不正流通について、違法コンテンツをダウンロードしようとすると注意文書を表示する実証実験を2月中旬にかけて行うと発表した。

これは、P2Pファイル共有ソフトを用いて著作権侵害ファイルをダウンロードしようとするユーザに対する注意喚起・啓発活動の実用性や可能性を検証するもの。実験は、NTTコミュニケーションズが請け負い、実施期間は2013年2月中旬までとのことだ。

実験では、日本民間放送連盟や日本放送協会等の協力を得て、著作権侵害行為に対する注意喚起文が格納された電子ファイルをP2Pファイル共有ソフトのネットワークに流通させる。その電子ファイルをユーザがダウンロードすると注意喚起文が表示され、著作権に対する理解を深め侵害行為の停止を促す内容となっている。

コメント

P2Pファイル共有ソフトを使うこと自体には、法的に問題がない。とはいえ、多くのユーザーは違法に流通したファイルをダウンロードしているのが現状だ。この点で、ファイル共有ソフト利用中に著作権侵害行為に対する注意喚起文を読ませる仕組みを作ることは有益である。
最近は、youtubeのコンテンツ管理プログラムについても注目が集まっているが、ネット上の著作権をめぐる取り組みはこれからも続きそうだ。注目していきたい。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。