サントリーが清涼飲料事業でベトナムに進出、米ペプシコと資本提携
2012/10/23   海外進出, 外国法, メーカー

事案の概要

飲料大手のサントリーが、アメリカ清涼飲料大手のペプシコの現地法人に51%を出資する資本提携を結び、清涼飲料事業でベトナムに進出すると発表した。
ベトナムにおける飲料ビジネスの展開を目指すサントリーと、成長著しい新興国において飲料ビジネスのさらなる強化を図るペプシコの意向が一致したことから、ベトナムにおける資本提携に至った。

ペプシコの現地法人「ペプシコインターナショナルベトナムカンパニー」は、「ペプシコーラ」等を製造・販売しており、ベトナムの清涼飲料市場においてシェア20%を擁し(2011年度)、コカ・コーラの地元メーカーを抑えてトップに立っているという。出資完了後もペプシコ商品の製造・販売を引き継ぎ、将来的にはサントリーブランドのお茶、炭酸飲料、コーヒー飲料等の生産も検討する。


コメント

ベトナムは、消費市場の持続的な成長が見込まれており、日本のビール、飲料大手メーカーの進出が相次いでいる。飲料事業は、商品自体に魅力があっても、流通ネットワークをしっかり作らない限り消費者の手に届かない。特にベトナムは伝統的な小売店(小さな個人の食料雑貨店)での販売が主要な小売業態となっているため、既に販路を確立している現地法人へ出資しその販路を活用することは理に適っている。
ベトナムの経済成長に伴い飲料市場も近年、毎年20%前後の成長を見せており、今後数年はこの水準を維持すると見られている。このうち、お茶系の市場は既に飽和状態にあり、著しい成長は難しいという見方もあるが、依然として競争は激しく、日本のブランド茶を販売、流通させるチャンスはあると考えられる。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。