ソフトバンク「スマホ下取りプログラム」古物営業法違反の疑いで手順変更
2012/09/25   コンプライアンス, 業法対応, 民法・商法, その他

事案の概要

 21日に発売された米アップルのスマートフォン(多機能携帯電話)の最新機種「iPhone(アイフォーン)5」を取り扱うソフトバンクモバイルが、全国の販売店で行う旧機種の下取りサービス「スマホ下取りプログラム」について、警視庁が古物営業法違反(無許可営業)の疑いがあるとして中止を求める指導をしたことが分かった。同社は指導を受け、25日から店頭での回収を止め、対象機種の下取り手続先を古物営業法の許可を得ているグループ会社の「ソフトバンクテレコム」に切り替えた。

 古物営業法とは、「盗品等の売買の防止、速やかな発見等を図るため、古物営業に係る業務について必要な規制等を行い、もつて窃盗その他の犯罪の防止を図り、及びその被害の迅速な回復に資することを目的」とする法律である。
古物営業法における「古物」とは、「一度使用された物品……若しくは使用されない物品で使用のために取引されたもの又はこれらの物品に幾分の手入れをしたもの」をいう(2条1項)。そして「古物営業」とは、「古物を売買し、若しくは交換し、又は委託を受けて売買し、若しくは交換する営業であつて、古物を売却すること又は自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの」をいう(2条2項1号)。同号の古物営業を営もうとする者は、営業所が所在する都道府県ごとに都道府県公安委員会の許可を受けなければならない(3条1項)。許可を受けて古物営業を営む者を「古物商」という(2条3項)。
3条の規定に違反して「古物商」の許可を受けないで古物営業を営んだ者は、「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する」とする罰則が規定されている(31条1号)。違反行為をした者が法人である場合、「行為者を罰するほか、その法人又は人に対しても」罰金刑を科するとされている(38条)。
ソフトバンクモバイルはこれらの規定に抵触するおそれがあると指導を受けたものと思われる。

コメント

 ソフトバンクは指導を受けすぐに改善したことから、罰則の適用はないと思われる。
このような規定を知らずに会社などが違反することは度々あることなので、新サービス提供などの際にはコンプライアンスマネジメントが重要である。

古物営業法
ソフトバンクモバイル:下取りプログラムについて

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。