米アップル、「iPhone 5」を発表!
2012/09/14   知財・ライセンス, 特許法, メーカー

概要

米アップルは12日、新型スマートフォン「iPhone 5」を発表した。
日本では、ソフトバンクモバイル(SBM)とKDDIから、21日に発売される。

世界中が待ちに待った、iPhone新型モデル。
デザイン面では、現行モデル「4S」に比べ縦に拡大した4インチの高精細画面を搭載しながらも、厚さ7.6ミリ、重量112グラムとし、「4S」よりも18%薄く、20%軽くなった。
これにより、片手での操作が可能になる。

さらに機能面では、高速化が進むIT界の潮流と消費者ニーズに対応し、処理速度の向上に重きが置かれた結果、新しいA6プロセッサを採用し、CPUもグラフィックも「4S」の2倍の速度を実現した。
A5プロセッサに比べ、ウェブページの起動速度が2.1倍速くなり、写真アプリの画像の保存は1.7倍速くなる。
また、iPhoneで初めて第4世代(4G)の高速通信規格「LTE」に対応し、OSも刷新して操作性が飛躍的に向上することが見込まれる。

現在スマートフォン市場では、iPhoneと、米グーグルのOS「アンドロイド」を搭載した韓国サムスン電子の端末がしのぎを削る。
また、フィンランドの携帯大手ノキアも、米マイクロソフトの最新OSを搭載した新モデルを先日発表したばかりで、今後グーグルとマイクロソフト両OS陣営との間で激しい攻防が繰り広げられる見通しだ。

コメント

スマートフォンをめぐり、現在アップルは、世界各地でグーグルOS「アンドロイド」陣営のサムスンと特許紛争の真っ只中である。
それに加え、今回の「iPhone 5」の発表を受け、多くのLTE関連特許を持つサムスンはアップルに対しLTE技術関連の特許訴訟を起こすとの見方が有力であり、両社の訴訟合戦は今後ますます混迷を極めることになりそうだ。

そもそも、両社においてこのような先端的技術を駆使した製品が作られる場合、それに盛り込まれる技術については、双方が持つ複数の特許が絡んでくることは避けられないだろう。
訴訟の長期化による不安定状態を続けるよりも、双方が互いにその実施権を供与するクロスライセンス契約を結ぶなどして和解に向かう方が、利便性を追求する消費者のニーズに沿うことになるのではないか。

関連リンク

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。