配転無効確定のオリンパス社員「改善ない」新たに会社を提訴
2012/09/04   労務法務, 労働法全般, メーカー

事案の概要

 精密機器大手「オリンパス」の社員浜田正晴さん(51)が3日、社内のコンプライアンス(法令遵守)窓口に上司の行為を通報した後の配置転換が裁判で無効と認められたのに、その後も処遇が改善されないとして、同社に慰謝料など1500万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。

 浜田さんは2007年、上司らが重要な取引先の社員を引き抜こうとしていることを知り、社内のコンプライアンス窓口に通報。その後、通報内容が上司に伝わり別の部署に配転された。

 配置転換をめぐる訴訟では、ニ審の東京高裁が「内部通報に反感を抱いた上司が必要のない配転命令をした」と認定し、配転を無効とした上で220万円の賠償を命じる逆転勝訴判決を言い渡し、今年6月に最高裁で確定した。

 浜田さんはコンプライアンス関係の部署を希望しているが、子会社への転籍や出向を提示するオリンパスとの間で協議が進まず、判決が無効とした配転先のままで何も仕事がない状態という。

 オリンパスは「本人と調整の場を持っているが、合意に至っていないのは事実。提訴は残念だ」とコメントしている。

コメント

オリンパスは、旧経営陣による粉飾決算事件などで財務が悪化し、経営の立て直しに向けて、国内の正社員100人程度を対象に希望退職を募ると発表している。また、支援先選びにはソニー、富士フイルムホールディングスに加え、新たに医療機器大手のテルモが名乗り出たため、オリンパスが支援先を決めあぐねるという展開に陥っている。
経営を立て直し信頼を回復する第一歩は、裁判所の判断に従った企業体質の改善ではないだろうか。

以前の記事:内部通報をしたオリンパス従業員の配置転換は無効
OLYMPUS:適時開示情報

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。