教職員の法令順守点検 
2012/08/29   コンプライアンス, 民法・商法, その他

概要

宮崎県教委は7日、教職員の不祥事が相次いだことを受け、県立学校の教職員にコンプライアンス(法令順守)を点検させることを決めた。用紙に無記名で記入してもらう方式をとり、問題を抱える教職員個人を指導するためではなく、職場で課題を把握することが目的だ。

 同日あった緊急県立学校長会で報告した。わいせつ行為、体罰、交通法令順守、個人情報保護、公金の管理について計42項目あるチェック表を各教職員に配布する。「児童生徒とメールや電話などで私的なやり取りをしないようにしているか」「体罰はしないと心に固く誓っているか」「車を運転する際は制限速度を守っているか」などの問いに○×で答えてもらう。

 「一人一人の意識を高め、コンプライアンスを再確認してもらう」(県教委教職員課)という。学校長が確認し、課題を見つけ、学校全体で改善に向けた研修に取り組むようにするという。市町村教委にも同じ点検を依頼していく。

 チェック表を無記名とする理由について、教育長は取材に、「正直に記入してもらうことを優先した」と説明。教職員への個別の指導については「校長が各教職員を面談する機会は他にもある」と話した。

 この日の校長会で教育長は、「不祥事が起こったのはこれまでの対応が不足していたということ」と強調し、教育という仕事の重みを再認識するよう、学校長らに求めた。

 また、同日あった教育委員会の定例会議では、不祥事が相次いだことについて、原因究明を徹底すべきだとの声があがった。懲戒処分者の氏名公表の基準についても「(免職以外で)公表すると、どれくらい抑止効果があるのか分析して欲しい」との意見が出た

コメント

 チェック表で点検すれば何を守るべきかを教職員が再認識し、課題を把握することはできるのかもしれない。しかし、無記名の方式では、個別的、かつ、きめ細かい指導につながるのか疑問といえよう。生徒のプライバシーなどへの配慮が必要な項目以外は事前に教職員の同意を得て、記名式にすることも考えるべきだろう。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。