東電、テレビ会議映像を条件付き公開
2012/08/06   法務相談一般, 民法・商法, その他

概要

東京電力は、福島第1原発事故発生直後から記録された150時間に及ぶ社内テレビ会議の映像を6日から、本店で報道関係者向けに公開するとした。しかし、公開にあたっては条件を付している。
 具体的には、視聴室内での録画・録音の禁止、他社が違反して記録した音声・映像・画像の報道の禁止、東電の事故調査報告書で個人名が記載されている役員らを除く者の実名報道の禁止等である。これらの条件に対して、事前の同意を求めることとしている。なお、視聴室へのカメラや録音機器等の持ち込みは認めていない。
 閲覧期間に関しては、当初5日間とされていたところ、期間が短すぎるとの批判を受けて1ヶ月間に延長したという経緯がある。

コメント

 会議の公開に関して条件を付す理由について、声などで社員個人が特定される可能性がある以上、予想される本人及び周囲の者への誹謗中傷を防ぐため、と東電は説明をしている。
 確かに、東電社員のプライバシー保護も無視して良い問題ではない。しかし、それは、主にメディア側の報じ方として考慮すれば良い話であり、この点を理由に東電が情報の公開を拒むことができると考えるのは、理屈が通らないのではないか。会議映像がある150時間の間に起こっていたであろう事の重大さを考えると、この映像は多分に公の物という要素を含んでおり、単に東電側の事情のみで情報公開に条件を付して良いとは言えないだろう。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。