ストリートビュー訴訟 控訴審も女性のプライバシー侵害認めず
2012/07/18   訴訟対応, 民事訴訟法, IT

事案の概要

ネット検索サイト大手グーグルの「ストリートビュー」サービスの撮影や写真の公開によってプライバシーを侵害されたとして、福岡市の女性がグーグル日本法人に60万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁は13日、女性の控訴を棄却した。

女性は10年3月、当時住んでいた福岡市内のアパートのベランダの画像がストリートビューで公開されていることに気づいた。
女性には強迫性障害と知的障害があり、訴訟において「下着などの洗濯物を撮影され、精神的苦痛を受けて障害が悪化した」と主張していた。
しかし、11年3月の福岡地裁判決は、「公開された画像からは原告個人を特定できない」として、プライバシー侵害には当たらないと判断した。
今回控訴を棄却した控訴審判決は、その判断を支持したものである。

コメント

ネットサービスの利便性向上と個人のプライバシー保護の調整は、現代の高度情報化社会において喫緊の課題である。
同様の問題意識は、平成23年の新司法試験論文式試験(憲法)にも出題された。
同社はプライバシー侵害のおそれのある箇所にモザイクを施す等の対応をしているが、そもそも人によってプライバシー侵害を感じるレベルはまちまちであるので、その基準を一元化することは困難ともいえる。
将来にわたり両者のバランスをどう保つか、今後も議論が尽くされる必要がある。

関連URL


平成23年 新司法試験論文式試験問題(憲法)

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。