日興証券元役員、別銘柄インサイダー取引容疑で再逮捕へ
2012/07/13   金融法務, 金融商品取引法, 金融・証券・保険

事案の概要

 日興コーディアル証券(現・SMBC日興証券)の元執行役員がインサイダー取引容疑で逮捕された事件で、別の複数の銘柄でも不正な取引をした疑いが強まったとして、横浜地検は近く、元執行役員・吉岡宏芳容疑者(50)を金融商品取引法違反容疑で再逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者によると、再逮捕の容疑の一つは、生活雑貨店「フランフラン」を展開し、東証1部に上場していた「バルス」(今年1月に上場廃止)の株取引。吉岡容疑者は昨年夏ごろ、バルス経営陣が同社株を公開買い付け(MBO)するという未公表の情報を知り、加藤容疑者に伝達。加藤容疑者はこの情報に基づいて同社株を買った疑いがあるという。

 吉岡容疑者ら4人は先月、物流会社の株式公開買い付け(TOB)をめぐる未公表情報をもとに株売買をした疑いで逮捕されていた。

コメント

 大手証券の元役員が関与したインサイダー取引が相次いで発覚している。日興は、日本の市場を引っ張ってきたリーダー的存在であるだけに、市場の信頼回復は容易ではない。インサイダー取引の情報提供者は現行法では罪に問われないが、市場や投資家に与える影響の大きさを考えると、罰則を設けることも視野に入れ議論すべきではないだろうか。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。