カテゴリー: 法務NAVIまとめ

法務担当者のリサーチ業務の負担を軽減するリンク集です。

記事:海外企業との売買契約における法律の適用関係まとめのイメージ画像
法務NAVIまとめ

海外企業との売買契約における法律の適用関係まとめ

matsuyama (2017/10/22 17:00)

日本の企業が海外の企業と売買契約を結ぶ場合、企業法務担当者は日本の企業と取引をする場合と異なり、当該契約に適用される法律が何なのか確認するところから始めなければなりません。特に売買契約である場合には、多くの取引で国際物品売買契約に関する国際連合条約(ウィーン売買条約)の適用を想定しなければなりません。そこで、今回は日本の企業が海外の企業と売買契約を締結する場合の法律の適用関係についてまとめてみました。 

記事:【特集】第1回目 株主総会の招集通知についてのイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】第1回目 株主総会の招集通知について

moriyama (2017/10/19 19:00)

今回の特集記事は「株主総会における企業の対応」と題して全5回にわたって、実際に企業の法務担当者が株主総会を運営する上で、株主総会決議取消・無効及び不存在の確認訴訟を提起されないように、注意すべき点を見ていきたいと思います。第1回目の今回は、「株主総会の招集通知について」見ていきたいと思います。

記事:【特集】第2回目 社員の犯罪と解雇についてのまとめのイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】第2回目 社員の犯罪と解雇についてのまとめ

moriyama (2017/10/13 12:00)

前回から「社員が犯罪を行った場合の企業の対応」というテーマで全3回にわたって特集記事をお送りしております。第2回目となる今回は、「社員の犯罪と解雇についてのまとめ」と題して、解雇にフォーカスを当てていきます。具体的には、社員が犯罪を行ってしまった時に、企業が解雇できるのはどのような場合なのかを見ていきたいと思います。

記事:【特集】第1回目 社員の犯罪予防策と発覚後の対応についてのイメージ画像
法務NAVIまとめ

【特集】第1回目 社員の犯罪予防策と発覚後の対応について

moriyama (2017/10/12 15:00)

昨今、企業において、社員や役員の犯罪による不祥事が話題となっております。では、社員や役員が犯罪を起こした場合に企業の法務担当者はどのように対応すべきなのでしょうか。そこで、今回から、「社員が犯罪を行った場合の企業の対応」というテーマで全3回の特集記事をお送りしたいと思います。初回は、「社内での犯罪予防手段と発覚後の対応」についてご紹介いたします。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ