【特集】第3回 取締役の説明義務

第1 はじめに

 こんにちは。企業法務ナビの企画編集部です。今回も前回に引続き、特集記事「株主総会における企業の対応」をお送りします。折り返し地点となる今回は「取締役の説明義務」について、見ていきたいと思います。会社法314条本文では、取締役は、株主総会において、株主から特定事項について説明を求められた場合、当該事項について必要な説明をなすべき義務を負うと規定されています。株主は、株主総会という会議体の構成員として質問し意見を述べる権利を有しておりますので、取締役は株主の質問に対して説明をする義務があります。また、株主総会において質疑応答や意見交換が活発に行われるようにするためにも、株主の質問に対して取締役が説明する義務があり、会社法314条はそれを明文化した規定ということができます。

第2 説明義務の対象

 取締役の説明義務の対象は、株主に説明を求められた特定事項であるので、特定性に欠ける一般的事項は、説明義務の対象外となります。
では、どういう場合に特定性に欠けるとされるのか。この点について、株主の発言が単なる意見表明であったり、発言趣旨が不明確で質問の内容を理解できなかったり、一般的抽象的な質問であった場合、特定性に欠けるとされ、説明義務は生じません。 もっとも、このような不明確な質問がなされた場合でも、ただちに説明を拒否するのではなく、議長が株主の不明瞭な発言の真意を確認して、株主の質問を特定する努力をした上で回答者を指名して、質問に回答することが望ましいと考えられます。
株主総会での取締役や監査役などの説明義務の範囲は 

第3 拒絶事由(会社法314条但書)

1 概要
 取締役が株主総会で特定事項について説明を求められても、拒否することができる事由が会社法と会社法施行規則に規定されております。
➀株主総会の目的事項に関係しないもの
➁説明により、株主の共同の利益を著しく害する場合
➂「その他正当な理由」がある場合として法務省令(会社法施行規則71条)で定める場合

2 「正当な理由(➂)について」
 会社法施行規則71条では、取締役の説明義務の拒絶事由である「正当な理由」を、次の通りに具体化しています。
ア 株主が説明を求めた事項について説明するために調査が必要な場合 (ただし、株主総会において説明を求めた株主が株主総会日より相当期間前に当該事項を株式会社に対して通知した場合、又は、当該事項について説明をするために必要な調査が著しく容易である場合は除かれる)。
イ 説明により会社、その他の者の権利を侵害する場合
ウ 実質的に同一事項について繰り返し説明を求めている場合
エ 説明することができないことにつき正当な理由がある場合

第4 説明の程度

1 概要
 取締役の株主に対する説明の程度は、説明を求められた特定事項について「必要な範囲の説明」で足りる、とされております。
では、どこまでが必要な範囲の説明といえるのか。判例では、「株主の質問により取締役に説明義務が発生した場合、質問を行った当該株主を基準とするのではなく、 株主総会に出席した平均的な株主が議題を合理的に判断するのに、客観的に必要な範囲での説明をなすべき(東京スタイル事件、東京地判平成16年5月13日)」としております。

2 具体的な事例
 具体的な事例を以下に上げます。
 ➀「退任取締役に支給する退職慰労金について、具体的な金額、時期、方法を明示せずとも、取締役会、監査役に一任する決議をする際に一定の基準が存在すること、その基準が株主に容易に知りうること、及び、内容が支給額を一意的に算出できるものであることを説明する必要がある(東京地判昭和63月1月28日、奈良地判平成12年3月29日)」として、説明義務違反を認めたものがあります。
 ➁株主総会開催前に通知があった質問事項について、議案の審議に入る前に、すべて回答をするという方法がとられております。これについて判例は、「あらかじめ提出された質問状について改めて質問を待つことなく一括して回答することは、総会の運営方法の問題として会社に委ねられている所であり、直ちに違法とはならない(東京建物事件 東京高判昭和61年2月19日)」とされております。
Law Practise 商法 No25:取締役の説明義務

第5 まとめ

 株主総会における取締役の説明義務で注意しなければいけない点は、取締役等が説明義務を十分に尽くさなければ、その後、株主総会決議の日から3ヶ月以内に株主総会取消訴訟の対象になることです(831条1項1号)。大きな労力を費やして成立させた株主総会決議が将来取り消されてしまうリスクを生じさせてしまいます。
 説明義務が尽くされたか否かは、株主が株主総会の議題を合理的に判断するに十分であったかが重要となります。法務部担当者は、株主総会に先立ち、質問事項を担当する役員の方々と協働しながら、専門用語を使わないで説明する等、経営の専門家ではない者でもわかりやすい想定回答集を用意する必要があり、株主総会に向けた十分な対策をとらなければならないと思われます。
 次回は、「株主の議決権行使について」を特集記事としてお送りしたいと思います。

関連業務タグ:,
関連法律タグ:
 
[著者情報] moriyama

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務NAVIまとめ 商事法務 総会対応 会社法
第89回MSサロン(名古屋会場)
2017年11月14日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「モノづくり企業のためのIoT法務入門」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務NAVIまとめ 商事法務 総会対応 会社法
第91回MSサロン(東京会場)
2017年11月22日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
近内京太
2006年の弁護士登録以来、丸の内総合法律事務所にて、企業の法律顧問業務のほか、M&A、株主総会、危機管理、海外取引、企業関係訴訟、その他の企業法務全般を取り扱う。
2003年京都大学法学部、2016年ワシントン大学ロースクール(LLM)卒。2017年ワシントン州司法試験合格。2011年1月~2012年6月預金保険機構、2016年8月~2017年7月米国シアトルのShatz Law Group勤務。
趣味は、ロングトレイルを中心にランニング全般。
[近時の著作]
「自動運転自動車による交通事故の法的責任~米国における議論を踏まえた日本法の枠組みとその評価[上]・[下]」(国際商事法務44巻10号1449頁・11号1609頁) (2016)
American Bar Association, Section of International Law, Regional and Comparative Law: Asia Pacific, 51 The Year In Review 579 (2017)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「民法(債権法)改正の概要と約款取引について企業のとるべき対応」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務NAVIまとめ 商事法務 総会対応 会社法
第90回MSサロン(大阪会場)
2017年11月15日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
井関勝守
CPJAPAN綜合特許事務所 所長弁理士

知的財産に関する実務経験約18年。
2001年弁理士登録。

国内企業のみならず、多くの海外企業の案件に関わり、権利化業務に留まらず、知財紛争に関する支援や、産学連携を含む技術移転の支援、知財に関する交渉、契約、知財情報の分析、知財を活用した事業戦略・海外展開に向けた相談業務など多面的な業務を経験する。
また、発明推進協会の模倣被害アドバイザー、中小機構の経営支援アドバイザー、中小企業等外国出願支援事業の審査員(大阪府)、大阪府「ものづくりイノベーションプロジェクト」評価協力員等の公的な業務にも選任され、これまで関わってきた。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「知的財産を含む契約における特有の留意事項~自社事業を円滑に進めるために~」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)

あわせて抑えておきたい関連記事

【法務NAVIまとめ】雇用形態の選択肢としての短時間正社員...  昨今のワークシェアリングや産後の女性の職場復帰の観点から、厚生労働省は、短時間正社員の制度について推奨しています。 そこで、他の雇用形態と比較しながら、短時間正社員の制度について紹介したいと思います。さまざまな雇用形態もご覧ください。 短時間正社員とは?  厚生労働省は、短時間正社員を、フルタ...
【法務NAVIまとめ】同一労働同一賃金は実現可能か?... 1.同一労働同一賃金とは 同一の労働に対して賃金を差別してはならないとする原則。同一の仕事(職種)に従事する労働者は皆、同一水準の賃金が支払わ れるべきだという概念。 2.背景 2016通常国会 安倍首相の施政方針演説 一億総活躍、格差是正に向けて「同一労働同一賃金の実現」 を強調!! ...
ADRまとめ  ADRとはAlternative Dispute Resolutionの略であり、代替的紛争解決手続、裁判外紛争処理制度などと呼ばれ、民事上の紛争を、裁判によらず当事者と利害関係のない中立的な第三者の助けを借りて解決することを指します。 ・ADRのメリット・デメリット ・メリット 1.手続が...