ドローンにまつわる法的規制まとめ

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ

1 はじめに

 2017年8月25日、ドローンの物流や災害現場などでの活用促進に向け、長距離飛行を制限している改正航空法の運用規定を改訂する方針を固めました。ドローンの活用に向けて、規制運用の合理化が行われています。
 もっとも、ドローンの空撮ではプライバシーの問題が生じますし、航空法による規制、電波法による規制も受けます。これらの規制による許可を得ないまま、ドローンを飛ばせば、行政指導や行政処分を受けるだけではなく、罰則の対象となり責任者が書類送検される可能性もあります。このようなリスクを防ぐためにも、ここではドローン利用に生じる規制をまとめていきます。

2 ドローンについて

 ドローンとは、軍事用に開発された自立移動する端末ロボットのうち、小型の無人航空機(UAV)をいいます。ドローンはもともと軍事目的で開発されたもので、第一次世界大戦中からその発想が存在したといわれています。1990年代から研究が進み、2010年ころにはMQ-1プレデターをはじめとした無人戦闘機が、アフガニスタンやイラクで実践投入されています。近年では、個人が楽しむためのドローン利用だけでなく、商業用の利用も増えています。ドローンによる航空写真撮影を事業として行う会社も出てきており、Amazon, Google, ドミノピザも商品配達を目的としてドローンの開発を進めています。

(参考)
ドローンの概要について、まとめているサイトです。
ドローン初心者にカンタン紹介 ドローンの魅力
お金がない.JP SFの世界が現実に!ドローンがもたらす世界の変化とは?

3 改正航空法による規制

(1) 規制対象
 平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローン等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。
 今回の法改正により対象となる無人航空機は、「①飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、②遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

(参考)
国土交通省のサイトで、ドローンの改正航空法による規制をまとめています。
国土交通省 無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール
国土交通省 4.改正航空法に関するよくあるご質問や条文などの資料について

(2) 無人航空機の飛行の許可が必要となる空域について
 ①②③のように、航空機の航行の安全に影響を及ぼすおそれのある空域や、落下した場合に地上の人などに危害を及ぼすおそれが高い空域において、無人航空機を飛行させる場合には、あらかじめ、地方航空局長の許可を受ける必要があります。

①空港やヘリポートの周辺の上空空域
②150m以上の高さの空域
③人口集中地区の上空

①②③以外の空域では、地方航空局長の許可なく飛行できます。

(3) 無人航空機の飛行の方法
飛行させる場所に関わらず、無人航空機を飛行させる場合には、以下のルールを守らなければなりません。

[1] 日中(日出から日没まで)に飛行させること
[2] 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
[3] 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
[4] 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
[5] 爆発物など危険物を輸送しないこと
[6] 無人航空機から物を投下しないこと

 上記のルールによらずに無人航空機を飛行させようとする場合には、あらかじめ、地方航空局長の承認を受ける必要があります。

4 電波法による規制

 電波を利用するには、国内の技術基準に合致した無線設備を使用し、原則、総務大臣の免許や登録を受け、無線局を開設することが必要です。(微弱な無線局や一部の小電力無線局は除く。)
 もっとも、微弱無線局として、「技適マーク」(技術基準適合証明等のマーク)が付与されているドローンであれば、免許不要となります。正規代理店が日本に存在していて、そこが輸入して販売しているドローンの機種ならほとんどに「技適マーク」がついています。

(参考)
電波法によるドローンの規制についてまとめているサイトです。
平田 省郎「The Finance ドローンの法規制を弁護士がやさしく解説 ~改正航空法と電波法」
ドローン(マルチコプター)における電波法と技適マークについて

5 規制された事例

(1) 水上撮影会社が港則法違反(無許可行事)で検挙された事例
 2016年10月、水上撮影会社が、レインボーブリッジ付近の海上で、会社所有の作業船など5隻で船隊を組み、ドローンやムービーカメラで無許可でビデオ撮影したとのことです。撮影現場の責任者も検挙されています。

産経ニュース・ドローン使い無許可でビデオ、撮影会社を検挙 有名映画やテレビドラマ制作協力も 東京海上保安部

(2) 電波法違反事例
 2015年10月13日、ドローンで空撮した映像を伝送するため、無免許で無線設備を使用したとして、空撮会社と、同社代表が電波法違反の疑いで書類送検されました。
 使用されていたドローンは、外国で製造された5.8GHz帯を使用するFPVで、国内規格に準拠していない機器でした。

hamlife.jp・<全国で初! “ドローン”使用による電波法違反>関東総通、小型無人機の搭載カメラ伝送用に不法無線局を開局した空撮会社と同社社長を摘発

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約2年7ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] mir21

詳細情報はありません。

日々の契約法務を自動化したい方はコチラ

このニュースに関連するセミナー

法改正
《東京会場》少人数でも課題克服!総合的法務機能 アップ講座 第8回(全8回)民法改正対応
2020年01月29日(水)
15:00 ~ 18:00
22,000円(税込)※消費税10%
東京都港区
講師情報
滝 琢磨
TMI総合法律事務所 パートナー弁護士

2002年 中央大学法学部法律学科卒業
2006年 最高裁判所司法研修所入所
2007年 第二東京弁護士会登録 TMI総合法律事務所勤務
2010年 金融庁総務企画局市場課勤務 (インサイダー取引・金商業規制・課徴金事案等を担当)
2013年 TMI総合法律事務所復帰
2016年 パートナー就任

主催・協力
レクシスネクシス・ジャパン株式会社/ビジネスロー・ジャーナル
技術革新やグローバル化が進み、ビジネスを取り巻く環境や法規制が大きく変わってきています。
部員が1人ないし数人というような中小規模の法務部では、この流れを常にフォローアップするには人的に限界があるため、各法分野の専門家とのネットワークを作り、タイムリーに外部に依頼できる体制を構築することが不可欠です。
本講座は、そのような法務部の方を対象に、最新の法律実務を解説するとともに、どのように法務機能を充実していったらよいかを一緒に議論していく講座です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法改正
《東京会場》2020年の注目すべき法改正と法務トピック
2020年02月25日(火)
13:30 ~ 16:30
22,000円(税込)
東京都港区
講師情報
淵邊 善彦
ベンチャーラボ法律事務所 代表弁護士

1987年 東京大学法学部卒業
1989年 弁護士登録
1995年 ロンドン大学UCL(LL.M.)卒業
2000年よりTMI総合法律事務所にパートナーとして参画
2008年より中央大学ビジネススクール客員講師(13年より同客員教授)
2016年より2018年まで東京大学大学院法学政治学研究科教授
2019年ベンチャーラボ法律事務所開設

主にベンチャー・スタートアップ支援、M&A、国際取引、一般企業法務を取り扱う。

主著として、『業務委託契約書作成のポイント』(共著)、『契約書の見方・つくり方(第2版)』、『ビジネス法律力トレーニング』、『ビジネス常識としての法律(第2版)』(共著)、『シチュエーション別 提携契約の実務(第3版)』(共著)、『会社役員のための法務ハンドブック(第2版)』(共著)などがある。
2020年は改正民法、改正独禁法、働き方改革関連法など重要な法改正が施行され、個人情報保護法などの改正も予定されています。

本セミナーは、これらの法改正の概要とそれがビジネスにどのような影響を与えるかを具体的に解説します。

重要な法改正の動きを俯瞰的に把握するとともに、各法改正が実務に与えるインパクトを理解することにより、社内においてメリハリがついた対応策を検討したり、社内研修を行ったりするための参考にしていただきたいと思います。

また、今年特に話題になりそうな法務トピックを取り上げ、その最新の状況をご紹介し、自社の法務部門の今後を考えるきっかけとしてもご活用いただける内容になっています。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法改正
《名古屋会場》第126回MSサロン「施行直前、民法改正対応最終チェック」
2020年03月03日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田 圭介
略歴:
愛知県春日井市出身
愛知県立旭丘高校卒業
2004年 京都大学法学部卒業
2005年 弁護士登録(58期 第二東京弁護士会)
クリフォードチャンス法律事務所外国法共同事業入所
2008年 フランス系ラグジュアリーブランド日本支社(出向)
2010年 アメリカ、Duke University School of Law(法学部)LLM卒業
2010年 クリフォードチャンス香港オフィス(出向)
2011年 日系の大手財閥系総合商社のイギリス子会社の法務部(出向)
2013年 ニューヨーク州弁護士登録
2015年 IBS法律事務所開設(愛知県弁護士会に登録換え)
2017年 オリンピア法律事務所 パートナー
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「施行直前、民法改正対応最終チェック」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ