偽装請負と労働者性の判断

労働者性の判断についての誤解と偽装請負の問題

 昨今、業務委託契約、SES(システムエンジニアリングサービス)契約等の、民法上、委任契約や請負契約に当たる契約を用い、受任者や請負人を独立した事業主として扱うことで、以下のメリットを享受しようと考える企業が少なくありません。

1、委任者・注文者に健康保険や厚生年金、雇用保険等の保険料の負担義務がない。
2、受任者・請負人に労働基準法をはじめとする労働関係法令が適用されないため、
 割増賃金の支払い、年次有給休暇の付与、解雇予告の手続き、健康診断の実施、
 最低賃金の適用等の義務がない。
3、委任契約や請負契約は雇用契約に比べると、契約を打ち切ることが容易である。

 しかしながら、委任契約や請負契約を結んだ場合でも、受任者・請負人が労働者と判断される場合があり、この場合には、これらのメリットを享受できず、後から残業代を請求される等、予想外の支出が生じるどころか、労働関係諸法規に違反し、懲役や罰金に科せられる場合も考えられます。

 また、この場合のように、実態が労働者供給であるにもかかわらず、委任契約や請負契約を締結し、受任者・請負人を自社の労働者のように扱う場合や、労働者派遣でありながら、派遣先の企業が派遣社員を自社の労働者であるかのように扱うことについては、偽装請負と呼ばれ、昨今、問題視されています。そこで、偽装請負を行わないために、労働者性の判断についてご紹介いたします。

労働者性の判断について

 労働基準法(以下、労基法)では、「労働者とは、職業の種類を問わず、事業または事務所に使用される者で、賃金を支払われる者をいう(労基法9条)。」(※例外については下記)としています。

 ここで重要になるのが、①使用性(指揮監督性)と②賃金性(報酬の労務対価性)の判断です。これらが認められると、労働者と判断されます。また、これらの事情では判断が困難な場合には、その補強として③その他の労働者性を補強する要素が考慮されます。以下では、これらの考慮要素についてご紹介いたします。なお、考慮要素は当事者の主観や形式的な事情ではなく、客観的な事実や実質的な事情に基づいて行うものと考えられています。

使用性(指揮監督性)についての考慮要素

下記が認められるほど、①使用性(指揮監督性)が認められやすくなります。
 ・仕事の依頼・業務従事の指示等に対する諾否の自由がない
 ・業務遂行上の指揮監督がある。
   Ex:業務の内容及び遂行方法に対する指揮命令がある。
     その他通常予定されている業務以外の業務がある。
 ・勤務時間・勤務場所等の拘束性がある。
   (業務の性質による拘束は除外される)
 ・他人による代替性がある。
   (本人に代わって他の者が労務を提供することが認められている場合)

賃金性(報酬の労務対価性)の考慮要素

下記が認められるほど、賃金性(報酬の労務対償性)が認められやすくなります。
 ・労働の結果による報酬の格差が少ない
  (報酬が労働の時間の長さによって決まると、賃金性が高まり、
   反対に成果によって決まると、賃金性が下がる。)
 ・欠勤した場合には応分の報酬が控除される。
 ・残業をした場合には手当てが支給される。

③その他の労働者性を補強する要素

下記が認められるほど労働者性が補強されやすくなります。
 ・事業者性がない
   Ex:機械・器具の負担がない、
     報酬に固定給部分がある(業務の分配による事実上の固定給を含む)
     報酬の額が生計を維持し得る程度のものである等
 ・専属性が高い
   Ex:他者の業務への従事が制約されている
     (時間的余裕等による事実上の制約を含む)等
 ・公租公課の負担
   Ex:給与所得の源泉徴収がある、社会保険料等の控除がある等
 ・使用者が従業者を労働者として認識している場合
   Ex:選考過程が正規の従業員と同じ
     服務規律の適用がある
     労働保険、退職金制度、福利厚生の適用がある

裁判例の紹介

①トラックの持ち込み傭車運転手(最一小判平8・11・2労判714-14)
 ・業務遂行上の具体的な指揮監督がなく、指揮監督性が希薄とされています。
 ・出来高払いで、報酬の労務対償性が薄いとされています。
 ・トラックを自己所有し必要経費等を負担していることから、事業者性が強いとされ、
  所得税の源泉徴収や社会保険料等の控除がなく公租公課を負担していることから、
  労働者性が補強されていません。
その結果、労働者性が否定されています。

②月額6万円の奨学金等を得て大学院の臨床研修をしていた研修医(最二小判平成17・6・3民集59巻5号938項)
 ・指導医による指示や時間・場所の拘束性が認められることから、
  指揮監督関係の存在が認められています。
 ・奨学金等を支払い給与所得として源泉徴収していることから、
  報酬の労務対償性が認められています。
その結果、労働者性が肯定されています。

総括

 以上、見てきましたように、契約の名称に縛られず、労働者性は、実態に応じて判断されます。そして、実態の判断に際しては、契約書の内容も加味されますので、企業法務担当者としては、契約の内容が労働者と判断される内容になっていないか慎重に検討する必要があります。また、現場担当者の指揮監督について、受任者、請負人、派遣労働者を自社の労働者として扱わないように、情報共有を行うことも大切といえるでしょう。

参考

「労働者」「賃金」の定義
業務委託の労働者性について

※労働者と認定されない例外
㋐同居の親族のみを使用する事業に使用される労働者および㋑家事使用人は労基法の適用範囲から除外されています(労基法116条2項)。

関連業務タグ:
関連法律タグ:,
 
[著者情報] akaishisawa

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

このニュースに関連するセミナー

法務NAVIまとめ 労務法務 労働法 労働者派遣法
第99回MSサロン(名古屋会場)
2018年06月20日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
大久保 裕史
弁護士・NY州弁護士

グローバルに展開する大規模法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所において、国際的な企業法務を取り扱い、国内外の企業に法的助言を行う。その間に、国内大手商社法務部への出向やワシントンD.C.での勤務も経験。現在は、オリンピア法律事務所のパートナーとして、主に中部圏の企業の国際取引・海外進出をサポートしている。

略歴:
早稲田大学法学部・法科大学院卒業、
コロンビア大学ロースクール(LLM)卒業
2009年12月 弁護士登録
2010年1月~2018年4月
クリフォードチャンス法律事務所 外国法共同事業
2012年6月~2014年2月 三井物産株式会社 法務部(出向)
2015年9月~2016年7月
クリフォードチャンス・ワシントンD.C.オフィス(出向)
2016年5月 ニューヨーク州弁護士登録
2018年5月~ オリンピア法律事務所 パートナー
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「秘密保持契約 ~ その作成・交渉の実務及び英文となった場合の留意点」です。
申込・詳細はコチラ
法務NAVIまとめ 労務法務 労働法 労働者派遣法
第98回MSサロン(大阪会場)
2018年06月13日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
河端 直 根本 俊太郎
■河端 直
経歴
2013年(平成25年)11月
司法研修所入所(67期)
2014年(平成26年)12月
大阪弁護士会に弁護士登録 なにわ共同法律事務所入所

著書
野村剛司編「法人破産申立て実践マニュアル」(青林書院)(共著)
スポーツ問題研究会編「Q&Aスポーツの法律問題」(民事法研究会)(共著)

■根本 俊太郎
経歴
2004年(平成16年)4月
株式会社朝日新聞社入社(記者職)
2016年(平成28年)11月
司法研修所入所(70期)
2017年(平成29年)12月
大阪弁護士会に弁護士登録 なにわ共同法律事務所入所
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「民法改正への対応」です。
申込・詳細はコチラ
法務NAVIまとめ 労務法務 労働法 労働者派遣法
【名古屋】システム開発におけるトラブル発生時の対応《ITビジネス法務勉強会:第2回》
2018年07月12日(木)
15:00 ~ 17:00
3,000円(税込)
名古屋市中区丸の内
講師情報
田代 洋介
略歴:
愛知県名古屋市出身
2010年 静岡大学人文学部法学科卒業
2013年 南山大学法科大学院法務研究科修了
2014年 弁護士登録(67期 愛知県弁護士会)
川上・原法律事務所入所
2017年 オリンピア法律事務所 アソシエイト
ITに関する法律を学び、ビジネスに活かしていただくためのITビジネス法務セミナーです。第2回目のテーマはシステム開発におけるトラブル発生時の対応です。
申込・詳細はコチラ
法務NAVIまとめ 労務法務 労働法 労働者派遣法
【名古屋】準拠法条項/裁判・仲裁条項《法務担当者のための英文契約セミナー:第2回》
2018年05月30日(水)
15:00 ~ 17:00
8,000円(税込)
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田 圭介
略歴:
愛知県春日井市出身
愛知県立旭丘高校卒業
2004年 京都大学法学部卒業
2005年 弁護士登録(58期 第二東京弁護士会)
クリフォードチャンス法律事務所外国法共同事業入所
2008年 フランス系ラグジュアリーブランド日本支社(出向)
2010年 アメリカ、Duke University School of Law(法学部)LLM卒業
2010年 クリフォードチャンス香港オフィス(出向)
2011年 日系の大手財閥系総合商社のイギリス子会社の法務部(出向)
2013年 ニューヨーク州弁護士登録
2015年 IBS法律事務所開設(愛知県弁護士会に登録換え)
2017年 オリンピア法律事務所 パートナー
英文契約をこれから担当・現在担当している法務担当者の方などを対象としたセミナーです。第2回目のセミナー内容は準拠法条項/裁判・仲裁条項です。
申込・詳細はコチラ
法務NAVIまとめ 労務法務 労働法 労働者派遣法
【名古屋】国際取引契約(英文契約)審査の基礎《法務担当者のための各分野の重要法務セミナー:第2回》
2018年05月29日(火)
15:00 ~ 17:00
8,000円(税込)
名古屋市中区丸の内
講師情報
大久保 裕史
弁護士・NY州弁護士

グローバルに展開する大規模法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所において、国際的な企業法務を取り扱い、国内外の企業に法的助言を行う。その間に、国内大手商社法務部への出向やワシントンD.C.での勤務も経験。現在は、オリンピア法律事務所のパートナーとして、主に中部圏の企業の国際取引・海外進出をサポートしている。

略歴:
早稲田大学法学部・法科大学院卒業、
コロンビア大学ロースクール(LLM)卒業
2009年12月 弁護士登録
2010年1月~2018年4月
クリフォードチャンス法律事務所 外国法共同事業
2012年6月~2014年2月 三井物産株式会社 法務部(出向)
2015年9月~2016年7月
クリフォードチャンス・ワシントンD.C.オフィス(出向)
2016年5月 ニューヨーク州弁護士登録
2018年5月~ オリンピア法律事務所 パートナー
各弁護士が日常の実務経験の中でご質問を受けることの多いトピックについてのセミナーです。今回のセミナー内容は国際取引契約(英文契約)審査の基礎です。
申込・詳細はコチラ
法務NAVIまとめ 労務法務 労働法 労働者派遣法
【名古屋】債権保全・回収《初めての法務部から不祥事対応まで 基礎セミナー:第3回》
2018年06月06日(水)
14:00 ~ 17:00
10,000円(税込)
名古屋市中区丸の内
講師情報
川上 敦子 石井 大輔
■川上 敦子
略歴:
大阪教育大学附属高等学校卒業
1980年 京都大学法学部卒業
1982年 弁護士登録(34期 愛知県弁護士会)
青山法律事務所入所
1988年 川上法律事務所パートナー
2010年 川上・原法律事務所に名称変更
2017年 オリンピア法律事務所 パートナー

■石井 大輔
略歴:
静岡県三島市出身
静岡県立沼津東高校普通科卒業
2011年 同志社大学法学部法律学科早期卒業
2014年 名古屋大学法科大学院未修コース修了
2015年 弁護士登録(68期愛知県弁護士会)
川上・原法律事務所入所
2017年 オリンピア法律事務所 アソシエイト
新規配属法務担当者の方・実務対応はしているものの不安がある法務担当者の方などを対象としたセミナーです。第3回目のテーマは債権保全・回収です。
申込・詳細はコチラ
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

【法務NAVIまとめ】同一労働同一賃金は実現可能か?... 1.同一労働同一賃金とは 同一の労働に対して賃金を差別してはならないとする原則。同一の仕事(職種)に従事する労働者は皆、同一水準の賃金が支払わ れるべきだという概念。 2.背景 2016通常国会 安倍首相の施政方針演説 一億総活躍、格差是正に向けて「同一労働同一賃金の実現」 を強調!! ...
【特集】第5回 総会の議長の権限行使について ... 第1 はじめに  こんにちは。企業法務ナビの企画編集部です。「株主総会における企業の対応」というテーマで特集記事をお送りしてきましたが、第5回目の今回が最終回となります。今回は、株主総会の議事進行を務める議長の権限行使について、そもそも議長って誰がやるの、どんな権限を持っているの、といった観点...
販売店契約書作成の注意事項まとめ ◆はじめに◆ 今回は、締結する場面も多い販売店契約と代理店契約について、混同されやすい両者の違いと、締結にあたっての注意点についてまとめました。 ◆販売店契約・代理店契約◆ ◆概要 どちらも販売拡大活動を行うための契約である点で類似していますが、両者には違いがあります。 ◆販売店契約(D...