親子上場についてのまとめ

1 はじめに

 企業は、子会社と共に上場するという親子上場という形態を取ることがあります。以下では親子上場についてのメリット・デメリット等についての情報をまとめてみました。

2 親子上場とは

 親子上場とは、親会社と子会社が共に上場していることを指します。
 日本は親子上場している会社が多い国です。例えば、ソフトバンクとヤフー、日立グループ、NTTとNTTドコモ、キヤノンとキヤノンマーケティングなど有名企業が多く親子上場しています。
親子上場の問題(その1)
親子上場とは

3 親子上場のメリット

①親会社の立場からのメリット
 ・子会社の株式を売却することによる資金調達
 ・子会社の株式の価値の増加
 ・子会社が独立した上場会社になることにより資金的・人的負担の軽減

②子会社の立場からのメリット
 ・親会社からの独立することにより、経営の自由度が増す
 ・独自のインセンティブ制度の採用による従業員のモチベーション向上
親子上場の良い点
Vol.12 「子会社上場」についての問題点

4 親子上場のデメリット

①親会社の立場からのデメリット
 ・子会社の経営権が弱まる
 ・子会社の上場による情報開示

②子会社の立場からのデメリット
 ・親会社への依存度低下による営業力の低下・事務コストの負担増
 ・親会社がグループ全体の利益を最優先する場合、子会社の犠牲の下に自己の利益を追求し、その結果として子会社の少数株主の利益が害されるという利益相反の問題が生じる可能性
  この点について、東京証券取引所は、「親会社を有する会社の上場に対する当取引所の考え方について」という文書を出しています。以下一部をご紹介します。
 「子会社上場には独自の弊害があることが指摘されています。例えば、親会社と子会社の他の株主の間には潜在的な利益相反の関係があると考えられますので、親会社により不利な事業調整や不利な条件による取引等を強いられる、資金需要のある親会社が子会社から調達資金を吸い上げる、上場後短期間で非公開化するなど、子会社の株主の権利や利益を損なう企業行動がとられるおそれが指摘されています。」
親子上場の問題点

5 近年の親子上場の動向

 日本は親子上場が多い国ですが、近年の親子上場の動向としましては減少傾向にあります。
親子上場(デロイト トーマツ)
【事例分析】親子上場会社(孫会社含む)(平成26年4月調査)
LINEに見る親子上場 過去にはどんな事例が?

6 子会社上場と審査上の問題点

 子会社が上場する場合に一番問題となるのは、親会社からの独立性です。たとえ子会社が上場企業になったとしても、親会社が株式の過半数以上を保有しているため、子会社の経営陣や残りの少数株主の意見が取り入れられない可能性が高いからです。
 そこで証券取引所は少数株主となる一般投資家を保護するために、以下のような子会社上場に係る上場審査の基準を設けています。
①上場申請会社(上場しようとする子会社)または親会社などが、どちらか一方の不利益となる取引を強制、または誘引していないこと。
②上場申請会社(上場しようとする子会社)と親会社などが、グ ループ外の第三者と取り引きを行う際の条件と異なり、著しく優位または不利な条件で取りき引を行なっていないこと。
③上場申請会社(上場しようとする子会社)が事実上、親会社等の一業部門と認められる状況にないこと。

Vol.12 「子会社上場」についての問題点(子会社上場と審査上の問題点)

2016 新規上場ガイドブック Ⅲ 上場審査の内容 63~67頁 (PDF)

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] chisaka

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務NAVIまとめ 戦略法務 会社法
第91回MSサロン(東京会場)
2017年11月22日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
近内京太
2006年の弁護士登録以来、丸の内総合法律事務所にて、企業の法律顧問業務のほか、M&A、株主総会、危機管理、海外取引、企業関係訴訟、その他の企業法務全般を取り扱う。
2003年京都大学法学部、2016年ワシントン大学ロースクール(LLM)卒。2017年ワシントン州司法試験合格。2011年1月~2012年6月預金保険機構、2016年8月~2017年7月米国シアトルのShatz Law Group勤務。
趣味は、ロングトレイルを中心にランニング全般。
[近時の著作]
「自動運転自動車による交通事故の法的責任~米国における議論を踏まえた日本法の枠組みとその評価[上]・[下]」(国際商事法務44巻10号1449頁・11号1609頁) (2016)
American Bar Association, Section of International Law, Regional and Comparative Law: Asia Pacific, 51 The Year In Review 579 (2017)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「民法(債権法)改正の概要と約款取引について企業のとるべき対応」です。
申込・詳細はコチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

【法務NAVIまとめ】中小企業における顧問弁護士の探し方... はじめに  中小企業における法務・コンプライアンスに係る問題は大きいにもかかわらず、法的素養を備えた人材が必ずしも会社内にいる訳ではないため、弁護士による法的支援が重要となる。  2016年7月20日に東京弁護士会が中小企業支援を目的としたアプリ<ポケ弁>(ポケット弁護士)をリリースした。そこ...
企業におけるストレスチェック義務まとめ...  平成27(2015)年に改正された労働安全衛生法により、企業に労働者のストレスチェックをする義務が課せられるようになりました。  そこで、企業におけるストレスチェック義務をまとめました。 対象 対象となるのは従業員50人以上の事業場です。企業ごとではなく、事業場ごととなります。 また、従業...
労働時間と休憩時間の境界についてのまとめ... はじめに  労働基準法では、一定の要件が充足された場合に、労働者の労働時間の間に休憩時間を設けることが義務付けられています。しかし、労働者の業種・業務形態によっては、「労働時間」と「休憩時間」の境界が曖昧となる状況が生じてしまう可能性があります。この状況は、企業にとって労働者から未払い賃金の請...