下請法 50年ぶり一部見直し

・はじめに

政府は年内をめどに「下請代金支払遅延等防止法」(以下、「下請法」とする。) の一部を約50年ぶりに見直すとの通達を発する予定です。本企業法務ナビサイトでもたびたび取り扱ってきた下請法の運用は今回の見直しによりどのように変わっていくのでしょうか。
参考サイト

・下請法の概要

下請法とは、簡潔に言えば、経済的に弱い立場の下請事業者(個人も含む)を経済的に強い立場にいる親事業者からの無茶な取引・要求から保護するための法律です。下請法の適用対象となるかは、①取引内容と②事業者(親事業者と下請事業者)の資本規模で決まります。
下請代金支払遅延等防止法 条文
①対象となる取引とは(下請法2条1項から6項)、製造委託(事業者が他の事業者又は個人に物品の製造や加工を依頼する場合等)、修理委託(事業者が他の事業者又は個人に物品の修理行為を依頼する場合等)、情報成果物委託(事業者が他の事業者又は個人にプログラムやデザイン作成を依頼する場合等)、役務提供委託(事業者が他の事業者又は個人に運送やビルの警備を依頼する場合等)です。
対象取引についての詳細と注意点
参考サイト   製造委託・修理委託
        情報成果物委託・役務提供委託 
②対象となる事業者とは、上記①の取引をする一定の資本規模を有する事業者であり、親事業者及び下請事業者共に資本規模の要件があります。詳細は下記の本企業法務ナビの記事を参照して下さい。
下請法について
以上の①②の要件を満たした際に、下請法の適用を受け親事業者は下請事業者が完成させた物品等を理由なく受取り拒否する行為等が禁止されます。また、親事業者は下請業者に依頼するときに発注書を交付する義務等も負いそれに違反した場合に公正取引委員会から勧告や指導等の措置を受けることになります。禁止行為・義務・取締り等の詳細を知りたい方は本企業法務ナビの以前の記事を参照して下さい。
下請法が適用された場合の禁止行為・義務・取締り等の詳細

・見直し内容とその経緯

1.支払いルールの厳格化
下請法が適用されると親事業者が禁止される行為は、買いたたき(下請代金を通常よりも著しく低い額で合意する)・下請代金の支払遅延(下請代金の支払いを先延ばしにする)・下請代金の減額(下請代金を一方的に減額する)等が挙げられます。今回、見直しが通達される予定なのは下請代金の支払遅延に関する部分で、同法で禁止する割引困難な手形(下請法4条2項2号)に関する期間の定義が変更されます。現在、割引困難な手形の期間に関しては繊維業が90日それ以外の業種は120日以内と定められていますが、これを60日に短縮するとの通達を年内に発するとしています。
現在の取扱い
更に下請事業者に対する支払いは、原則として手形ではなく現金とすることを親事業者に要請し、手形の場合でも、割引負担料を発注側である親事業者が負担するよう求めることになります。
2.行動計画策定の要請
併せて親事業者となる企業に、業種別に自主行動計画の策定を要請し、下請事業者が不利益を被らないように取引環境を改め、収益性の向上を後押ししつつ賃上げの環境整備を進めていく方針です。業種別の自主行動計画は、既に世耕弘成経済産業大臣が自動車業界に協力を要請し、これに加え素材系・建設機械・電機情報通信機器・繊維の4業界にも同様の自主行動計画の策定を要請しています。
以上より、変更点の要旨は、下請事業者への支払いルールの厳格化とより健全な親事業者と下請事業者の取引関係構築のための行動計画策定を要請している点です。
3.下請法の現状
そしてこのような見直しは度重なる下請法違反が発生し、それに対して公正取引委員会の指導が行われてきたという背景があるといえます。本企業法務ナビサイトでも下請事業者の窮状を紹介してきました。公正取引委員会の発表によれば、2015年度の下請法違反による指導件数は5980件であり、これは過去最多の指導件数を記録し(2016年6月1日発表)、このような状況に対処するために見直しがなされることになったと考えられるでしょう。
違反件数5980件で過去最多、下請法違反について
下請法違反でファミリーマートに勧告
情報サービス会社がヤマダ電機を提訴、下請法違反について

・おわりに

今回の記事で取り上げた見直しですが、支払いルールの厳格化に関してはあくまでも通達を年内をめどに発する予定であり、企業に対する自主行動計画策定に関しても単なる要請に過ぎないと感じるかもしれません。しかし、今年9月15日に経済産業大臣によって発表された「未来志向型の取引慣行に向けて」によれば、これから下請法の運用がより厳格化していくことが予想されます。企業の法務担当者としてはそのような変化に対応できるように準備しておくべきでしょう。
経済産業省 ニュースリリース
未来志向型取引慣行に向けて(PDF)

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約1年4ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] uchiyama

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

法務ニュース コンプライアンス 下請法
第93回MSサロン(名古屋会場)
2018年02月15日(木)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「法務部員のための国際仲裁入門」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務ニュース コンプライアンス 下請法
第94回MSサロン(東京会場)
2018年02月23日(金)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社
アジア太平洋地域法務責任者
1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業双方で通算30年以上の企業法務・国際法務の経験を有する現役の企業法務責任者です。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「事例で考える-国際取引交渉の戦略とポイント」です。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース コンプライアンス 下請法
第92回MSサロン(大阪会場)
2018年02月06日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
山口昌之
2005(平成17)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録
なにわ共同法律事務所入所
2015(平成27)年1月
山口法律会計事務所入所
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「社員の不祥事に対する会社としての対処法(第2回)」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
法務ニュース コンプライアンス 下請法
「無料セミナー」資金調達手段としての香港株式上場の戦略的アドバンテージ、弁護士の役割と諸問題への実務対応 ―日清食品有限公司の上場例を中心に―
2018年3月6日(火) 13:00~16:00(受付:12:45~)
無料
東京都港区
講師情報
講師(予定)
虎門中央法律事務所
弁護士 今井 和男
同 鈴木 隆弘
同 山本 一生

世澤律師事務所
中国/NY州弁護士 姫 軍
中国弁護士 諸韜韜
同弁護士/外国法事務弁護士 陳 軼凡
中国弁護士 殷 宏亮

CFN Lawyers in association with Broad & Bright(CFNローヤーズ・世澤共同経営法律事務所)
香港弁護士 Bowie Fung、同Jenny Chen
(1) 日本企業が香港証券取引所に上場するメリット
(2) 日本企業が香港証券取引所に上場することによる、香港及び中国大陸事業に与える影響と意義
(3) 香港証券取引所上場の基本的な流れ・手続とその注意点
申込・詳細はコチラ
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

3割超が株式報酬を導入、役員報酬について... はじめに 日経新聞電子版は10日、上場会社の3分の1が役員への報酬として株式報酬を導入した旨報じました。固定の基本報酬に加えて中・長期の業績連動型報酬制度の導入が進んでいるようです。株主と同じ目線で業績アップを目指す経営が期待されているとのことです。今回は業績連動型報酬と会社法上の規制について...
ケアサービス付き賃貸住宅建設促進へ... 事案の概要     厚生労働省は、特別養護老人ホームなどの高コスト型の介護施設の増加による財政負担の拡大を抑制するために、ケアサービス付き賃貸住宅への移行を支援する方針を打ち出した。  これは、高齢者向けの介護サービスに関して、大都市郊外でケアサービス付き賃貸住宅の整備を加速することで、病院・施...
起きてしまった医療事故にどう向き合うか... 第三者調査制度の法制化を-被害者団体らが訴え  7月26日、医療事故の被害者らで構成する「患者の視点で医療安全を考える連絡協議会」など3団体が、菅直人首相と細川律夫厚労相に対し、医療事故についての第三者調査制度の法制化を求めて意見書を提出した。 患者・遺族の苦悩-何が起きたのか、真実が知りたい ...