法務部の役割の重要性と発展性

1  はじめに

 近年、企業での法務部の役割が重要となってきており、 企業内において、法務部門が「重要視されている」(36.9%)あるいは「ある程度重要視されている」(54.9%)と考えている企業は91.8%にもなる(商事法務研究会 法務部門実態調査の調査結果2010年中間報告)。

 法務部とは、企業での法律関係の問題を処理する部門である。例えていうと、企業にとって法律面での「ホームドクター」にあたる役割を果たす業務をする部門であり、会社が紛争に巻き込まれたり、違法なことを行なったりしないように「未然に予防」することを主な業務としている。

 今回は、このような需要の伸びている法務業務の実態と今後の発展可能性について概観する。

2  企業における法務部の仕事

 企業法務の業務内容は、おおよそ次の4つがある。

 (1)契約・取引法務

 法務の仕事で主要なものが、契約・取引法務である。

 社内の各部門が作成する売買契約、業務委託契約、秘密保持契約などの契約に際してその条項に法的な問題がないかを審査する。契約文言が明確か、関係法令に抵触していないか、契約相手との関係で不合理なリスクを負う内容になっていないか、将来紛争の原因になるような点がないか等についてチェックをする。

 (2)組織法務

 株主総会、取締役会など、株式会社の意思決定機関の運営に関する業務や定款の変更の発行、資本金の減少等の会社組織事項の変更に関する業務を行う。最近では、新規事業の開拓で子会社の設立をすることも増えており、その際に子会社の設立手続を会社に則って行なうこと等も組織法務として重要である。

 (3)コンプライアンス法務

 コンプライアンス法務は、契約・取引法務と相互に補完しあう業務であり、個々の取引案件にとらわれることなく、社員が理解し、遵守すべき法律全般について、法務研修を実施したり、日常の業務に関する法律相談を受ける。各部門の業務の特性に合わせて、研修メニューを設定したり、マニュアル等を作成する。

 (4)紛争対応法務

 以上の3つの業務が紛争になる以前の法務業務であるのに対して、紛争対応法務は、起こった問題を事後的に解決していく臨床法務である。自社が原告として他の企業に対して訴訟を提起したり、反対に、提起された訴訟に対して対応をしていく。訴訟となった場合には、弁護士と協力して、証拠の収集、準備書面の作成や証人との調整等を行なう。また、問題が発生してしまった後も、訴訟に発展しないために相手方と交渉して訴訟を回避することも重要な役割である。

3  企業内弁護士について

 企業の弁護士の利用は10年前と異なり、漸次増加している状況である。ヤフー株式会社では17人、株式会社三井住友銀行では16人、株式会社ゆうちょ銀行では15人、野村證券株式会社では14人、KDDI株式会社では9人、ソフトバンクモバイル株式会社では8人と多数の企業において十数人単位の複数の弁護士を雇用している。

 企業外の弁護士の業務の内容が、訴訟の対応や苦情、トラブルなどの紛争解決という紛争発生後の事後的処理や債権の回収・保全、契約書の審査等の会社運営に必須の事務的業務や紛争発生を未然に防止するための法的審査業務であるのに対して、企業内の弁護士は、企画段階から参加し法的リスクだけでなく、ビジネスの内容にもアイデアを出す等企業のビジネスに積極的に関わる点で、企業外の法律事務所の弁護士とは異なった役割を担っている。

4  コメント

 上述の通り法務部の役割の重要性が増している。MS-JAPANによると、同社に寄せられている求人依頼件数は増加傾向であり、2015年上半期(4月~9月)の法務求人数は、2014年対比で約25%アップしている。ちなみに、2013年と比較すると38%アップと約4割という大きな伸びを見せている。法務職の平均年収の点から見ても、2009年における法務部平均年収が521万円であったのに対し、2013年では559万円と4年間で6.5%も伸びている。このような法務部の需要増加により、法務部の担う業務内容も今後広がっていくと思われる。

 また、昨今、新しい技術を使って今までにないビジネスを生み出していこうとする革新的な志をもった会社も存在している。

 そのような新しい分野に切り込んでいく場合には、これまでに似た案件や事例が存在しないため、既存のやり方や法的問題になった場合の裁判所の判断(判例)がない場合もある。 このような場合には、法務部としては、法令遵守(コンプライアンス)を行っていくことが重要であるのはもちろんのこと、企画の内容にも関わって法的リスクを含めながら他部署の人たちと協力して企画を作っていくことが必要となる。

 また、法律がある場合には、法律の解釈の幅を柔軟にとらえる等して、従業員が日々新たな考えを出し、それを実行していけるような方向で法的なサポートをしていくことが必要となると思われる。

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約1年6ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] yoshizaki

詳細情報はありません。

このニュースに関連するセミナー

企業 法務コラム 法務ニュース コンプライアンス 法改正
第93回MSサロン(名古屋会場)
2018年02月15日(木)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田圭介
愛知県春日井市出身
京都大学法学部・Duke大学LLM卒業。
2005年弁護士登録。
2013年ニューヨーク州弁護士登録。
世界最大規模の国際法律事務所であるクリフォードチャンス法律事務所を経て、
2015年、IBS法律事務所を開設。
国内外の企業法務案件を主に扱っており、国際取引・英文契約を得意としている。
大手総合商社・外資系企業の法務部への出向経験があるため、企業法務の現場の問題意識にも通じている。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「法務部員のための国際仲裁入門」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
企業 法務コラム 法務ニュース コンプライアンス 法改正
第94回MSサロン(東京会場)
2018年02月23日(金)
19:00 ~ 21:00
2,000円
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
インヴェンティヴ・ヘルス・ジャパン合同会社
アジア太平洋地域法務責任者
1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業双方で通算30年以上の企業法務・国際法務の経験を有する現役の企業法務責任者です。
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「事例で考える-国際取引交渉の戦略とポイント」です。
申込・詳細はコチラ
企業 法務コラム 法務ニュース コンプライアンス 法改正
第92回MSサロン(大阪会場)
2018年02月06日(火)
19:00 ~ 21:00
2,000円
大阪府大阪市北区
講師情報
山口昌之
2005(平成17)年10月
大阪弁護士会に弁護士登録
なにわ共同法律事務所入所
2015(平成27)年1月
山口法律会計事務所入所
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、 「社員の不祥事に対する会社としての対処法(第2回)」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
企業 法務コラム 法務ニュース コンプライアンス 法改正
「無料セミナー」資金調達手段としての香港株式上場の戦略的アドバンテージ、弁護士の役割と諸問題への実務対応 ―日清食品有限公司の上場例を中心に―
2018年3月6日(火) 13:00~16:00(受付:12:45~)
無料
東京都港区
講師情報
講師(予定)
虎門中央法律事務所
弁護士 今井 和男
同 鈴木 隆弘
同 山本 一生

世澤律師事務所
中国/NY州弁護士 姫 軍
中国弁護士 諸韜韜
同弁護士/外国法事務弁護士 陳 軼凡
中国弁護士 殷 宏亮

CFN Lawyers in association with Broad & Bright(CFNローヤーズ・世澤共同経営法律事務所)
香港弁護士 Bowie Fung、同Jenny Chen
(1) 日本企業が香港証券取引所に上場するメリット
(2) 日本企業が香港証券取引所に上場することによる、香港及び中国大陸事業に与える影響と意義
(3) 香港証券取引所上場の基本的な流れ・手続とその注意点
申込・詳細はコチラ
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

「物言う株主」たちの戦い -2012年夏の株主総会を読み解く-... 27日から28日にかけて全国的に3月期決算会社の株主総会が数多く開催されたが、相次ぐ企業の不祥事を反映して、各所で大荒れの展開となった。 自治体VS企業 まず脚光を浴びたのは、地方自治体による電力会社の糾弾である。東京電力の筆頭株主である東京都の猪瀬直樹副知事は、27日開催の株主総会において舌鋒...
こんにゃくゼリー男児死亡訴訟、両親の控訴棄却... 事案の概要 2008年、兵庫県内に住む当時1才9ヶ月の男児がマンナンライフのこんにゃくゼリーをのどに詰まらせ死亡した事件で、製品の欠陥が原因だとしてPL法(製造物責任者)に基づき両親が同社を提訴した事件。  八木良一裁判長は、原告敗訴とした1審判決を支持し、両親の控訴を棄却した。  両親は一審...
AIを「営業秘密」として保護強化、経産省が検討会を設置... はじめに 経済産業省と特許庁は26日、人工知能(AI)やIoTといったデータについても「営業秘密」として保護し、知的財産権保護強化に向けて検討会を設置することを発表しました。これまで曖昧だったAI等のプログラムやデータの法的な位置づけを明確にし盗用や悪用された際の差止等を行いやすくすることが狙...