「花とゆめ」有名作家との酷似を謝罪、ビジネスにおける翻案権侵害の危険

1 はじめに

 少女漫画雑誌『花とゆめ』(白泉社)の読みきり作品の主人公の絵柄が、人気漫画家の絵柄と酷似しているとの指摘を受け、編集長が謝罪する事態となりました。
 酷似表現は、著作権法27条で保護されている翻案権を侵害するおそれがあります。
 翻案権を侵害すると、法人の場合、3億円以下の罰金が科されるおそれがあります。
 ビジネスにおいても、挿絵・写真・ブログ記事などを用いたり、競合他社の製品・デザインを参考に新たな著作物を創作する場合など多くの場面で、翻案権侵害のリスクは潜んでいます。
 本稿では、著作権法上の危険を回避するために、どのような対策ができるかを考えてみたいと思います。

2 翻案権とは

 判例によれば、言語の著作物の翻案(著作権法27条)とは、「既存の著作物に依拠し、かつ、その表現上の本質的な特徴の同一性を維持しつつ、具体的表現に修正、増減、変更等を加えて、新たに思想又は感情を創作的に表現することにより、これに接する者が既存の著作物の表現上の本質的な特徴を直接感得することのできる別の著作物を創作する行為」のことをいいます。
(参照:江差追分事件
 つまり、アイデアが共通しているだけでは翻案権侵害になるとは限りません。翻案後の著作物から、原著作物を容易に想起するような場合でなければ、翻案権侵害とはならないのです。
 もっとも、単に似ているだけでは翻案権侵害になりませんが、複製権(著作権法21条、2条1項15号)を侵害するおそれがあります。
 翻案権侵害の有無は個別具体的に判断せざるを得ず、実際の判断は容易ではないでしょう。

3 翻案権を侵害してしまった場合のリスク

 著作権法は、著作者の人格的な権利(著作者人格権)と財産的な権利(著作権)を保護しています。そして、著作権侵害への救済手段は多岐に渡っており、著作権侵害をしてしまうと様々な危険を負うことになってしまいます。
 民事上の救済手段としては、差止請求(著作権法112条)、損害賠償請求(民法709条)、不当利得返還請求(民法703条)があります。
 一般的な民事上の損害賠償請求では、損害額の立証が困難であるため、被害者救済が十分でないケースがありえます。しかし、著作権法114条は損害額の推定規定を設け、被害者を手厚く保護しています。請求を受ける側は、反証を成功させなければ損害推定額を支払わなければならない点で、非常に不利になっています。
 刑事上の責任を負う場合もあります。個人としては、10年以下の懲役、1000万円以下の罰金(著作権法119条)が科されますし、法人としては、3億円以下の罰金(著作権法124条)が科される危険があります。
 以上のように、翻案権侵害は、たったの一度であろうと会社に著しい損害を生じさせるリスクをはらんでいるため、予防が重要です。
(参照:著作権侵害への救済手続

4 翻案権侵害を予防するために

 ビジネスで生じうる翻案権侵害としては、以下のようなケースがあるでしょう。
 例えば、自社で配信するニュースにおいて、難しい言葉の説明をするために、詳しい説明をしているブログの要約をする場合、あまりに詳細な内容まで盛り込んでしまうと、翻案権侵害となり得ます。また、原著作物を他の言語に翻訳しただけの文章をホームページ等で紹介することも、翻案権侵害となり得ます。さらに、イメージキャラクターの作成において、既に存在するキャラクターを参考にしてもらうように依頼し、完成したイメージキャラクターが似すぎてしまった場合も、翻案権侵害となり得ます。
 以上のようなケースでは、不特定多数者の目に触れる可能性があることから、損害賠償額、不当利得額、罰金が高額になる危険があります。したがって、社内全体で普段から著作権侵害への意識を高めていく必要があります。
 翻案権侵害を予防するために、著作物の要約をする場合は、原著作物の個性を感じ取られないように平易な表現に変える必要があります。また、著作物を翻訳する場合は、原著作物を読まなければ全てはわからない程度の要約をするなどの対処が必要です。イメージキャラクターの依頼をする際には、既に存在するキャラクターを想起させることのないような案を出してもらうように交渉することを心がけましょう。

関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] murayama

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

このニュースに関連するセミナー

法務ニュース 知財ライセンス 著作権法
《東京会場》少人数でも課題克服!総合的法務機能 アップ講座 第6回(全8回)不祥事・紛争対応
2019年11月20日(水)
15:00 ~ 18:00
22,000円(税込)※消費税10%
東京都港区
講師情報
田代 啓史郎
TMI総合法律事務所 パートナー弁護士

2003年 一橋大学法学部法律学科卒業
2004年 最高裁判所司法研修所入所
2005年 第一東京弁護士会登録 TMI総合法律事務所勤務
2013年 デューク大学ロースクール卒業(LL.M.)
2013年 ロサンゼルスのクイン・エマニュエル・アークハート・サリバン法律事務所勤務
2014年 ニューヨーク州弁護士資格取得
2014年 TMI総合法律事務所復帰
2017年 パートナー就任

主催・協力
レクシスネクシス・ジャパン株式会社/ビジネスロー・ジャーナル
技術革新やグローバル化が進み、ビジネスを取り巻く環境や法規制が大きく変わってきています。
部員が1人ないし数人というような中小規模の法務部では、この流れを常にフォローアップするには人的に限界があるため、各法分野の専門家とのネットワークを作り、タイムリーに外部に依頼できる体制を構築することが不可欠です。
本講座は、そのような法務部の方を対象に、最新の法律実務を解説するとともに、どのように法務機能を充実していったらよいかを一緒に議論していく講座です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

マイナンバー制度で事業者が注意すべき点... 1.はじめに  12月1日(火)、マイナンバー制度は個人情報漏洩の危険が高く、憲法13条が保障するプライバシー権を侵害するとして、弁護士や住民で構成されるグループが国を相手取り、東京、金沢、大阪等の地方裁判所に一斉に訴訟を提起した。原告らは、個人情報管理の安全性を問題視したうえで、個人情報の漏洩...
厚生労働省、パワハラ(パワーハラスメント)を6類型に分類... 厚生労働省、パワハラ(パワーハラスメント)を6類型に分類 事案の概要  1月30日、厚生労働省の「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議ワーキング・グループ」は、パワーハラスメント問題の予防・解決に向けた労使や関係者の取組を支援するために、その概念や取組例を整理する報告書をまとめた。  報告...
モンベル関連会社が和解、「免責条項」の有効性について... はじめに アウトドア用品大手「モンベル」(大阪市)の関連会社がツアー参加者に署名を求めていた免責条項が消費者契約法に違反するとして適格消費者団体が差し止めを求めていた訴訟で17日までに和解が成立していたことがわかりました。今回は消費者契約法の規定から免責条項の有効性について見ていきます。 事...