働き方改革の一環としての長時間労働の是正

1 はじめに

 日本における労働者の長時間労働は先進諸国において有名ですが、最近は日本人にもそのことが認識されてきました。政府が進める働き方改革は、2018年春季労使交渉でも主要なテーマとなることが予想されます。そこで本稿では、労使交渉で争点となるであろう、働き方改革の一環としての長時間労働の是正について、検討していきます。

2 日本の長時間労働について

 国際統計格付けセンターの調査によると、経済協力開発機構(OECD)に加盟する世界35の国と地域を対象にしたランキングにおいて、日本の平均労働時間は1745時間で15位となっています。高度成長期の1980年代には2100時間を超えており、徐々に減っては来ていますが、世界的にはまだ労働時間が長い状態であるといえます。
 労働時間が長いにもかかわらず、労働者1人当たりの生産性は、OECDに加盟する35か国中21位、先進7か国では最下位となっています。この点については、日本では海外に比べ、長時間の会議や会議の資料作りなど、直接は付加価値を生まない仕事が多いからであると考えられています。

3 働き方改革について

 政府は今国会に働き方改革関連法案を提出する予定です。

●働き方改革関連法案3つの柱
《規制強化》  
①残業時間の上限規制 ②同一労働同一賃金
《規制緩和》
③脱時間給制度の創設
*4つ目の柱とされていた裁量労働制の拡大については、法案から削除されることになりました。
  従来は、労使が合意していれば、残業時間を青天井で増やすことができました。現在の上限は厚労省が告示によって定めているのみでしたが、月45時間、年間360時間、特例で年720時間という上限が労基法に明記されるようになります。違反企業には罰則もあり、実効性の担保もなされています。

参考:日経ビジネスオンライン

4 改革を受けた今後の労組の見通し

 これを受け、主要電機メーカーの労働組合は、年内にも残業時間の上限を年720時間に定めるよう求めています。19年4月の施行を目指す政府の残業規制を先取りし、従業員の生産性向上を目指すものと考えられます。
 日本総合研究所の試算によると、産業界全体の残業代は、年14兆円規模に上るということです。残業を減らせば総労働時間は短くなりますが、それだけ労働者の所得も減ります。残業代が生活を支えているというような状況の労働者も多く、このような人のために生活保障が必要という観点から、18年交渉では賃上げを求める労組が多く見られます。賃上げのためには企業側の財源が必要であり、以前の総労働時間で稼げていた分を短時間で稼げるような、効率的な業務遂行方法を模索することが必要になります。

5 企業における工夫の検討

 残業時間を減らした場合、企業は残業代を支払う義務を免れます。そこで、この分を従業員への投資とし、福利厚生や教育などに回すことが考えられます。これらの点が充実すると、従業員は「自分達は企業に大切にされている」と感じることができ、精力的に仕事を遂行することができると考えられます。
 その他の工夫としては、労働環境の確認などが考えられます。例えば、現在会議にどれくらいの時間がかかっているかを見直し、適切な時間はどのくらいかを検討したうえで、時間を10分ほど縮めてみる、どうあっても延長はしないなどの方針を策定し、従来よりも短時間で成果を上げられる会議を目指すなどが考えられます。このあたりの見直しは企業の工夫として従来からあるものですが、最近では通勤時間を節約できる在宅勤務やシェアオフィスなど、従来の枠にとらわれない働き方による手段も増えています。

【法務ニュースの関連記事】
《長時間労働について》
長時間労働との関連は?定額残業代制度とは
長時間労働の是正へ!労働基準法改正の動き
従業員に違法長時間労働をさせるリスク
長時間労働の原因と法務部員がとるべき対策
《働き方改革について》
働き方改革における新たな時間外労働規制

企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約1年2日前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
関連業務タグ:
関連法律タグ:
 
[著者情報] arai

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

このニュースに関連するセミナー

法務ニュース 労務法務 労働法
《名古屋会場》第109回MSサロン
2019年04月03日(水)
19:00 ~ 21:00
2,000円
名古屋市中区丸の内
講師情報
和田 圭介
略歴:
愛知県春日井市出身
愛知県立旭丘高校卒業
2004年 京都大学法学部卒業
2005年 弁護士登録(58期 第二東京弁護士会)
クリフォードチャンス法律事務所外国法共同事業入所
2008年 フランス系ラグジュアリーブランド日本支社(出向)
2010年 アメリカ、Duke University School of Law(法学部)LLM卒業
2010年 クリフォードチャンス香港オフィス(出向)
2011年 日系の大手財閥系総合商社のイギリス子会社の法務部(出向)
2013年 ニューヨーク州弁護士登録
2015年 IBS法律事務所開設(愛知県弁護士会に登録換え)
2017年 オリンピア法律事務所 パートナー
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「基礎からわかる人工知能(AI)に関する法律問題」です。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 労務法務 労働法
《札幌初開催》第111回MSサロン
2019年04月18日(木)
18:30 ~ 20:30
2,000円
札幌市中央区
講師情報
岡崎 拓也
平成13年3月 早稲田大学法学部卒業
平成13年10月 司法試験合格
平成15年10月 弁護士登録(56期/札幌弁護士会)
       田中敏滋法律事務所(現在「札幌英和法律事務所」)
平成23年7月 岡崎拓也法律事務所設立
平成23年9月 社会福祉法人北海道光生会・評議員(現在、評議員のみ現任)
平成25年11月 株式会社ホクリヨウ監査役(現任)
平成27年4月 札幌弁護士会常議員会副議長
平成27年6月 フルテック株式会社監査役
平成28年4月 札幌弁護士会副会長
平成28年6月 フルテック株式会社監査等委員取締役(現任)
セミナー(60分)の後、交流会(60分)を行います。
今回のセミナー内容は、「スタートライン企業法務」です。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 労務法務 労働法
《東京開催》AIによる英文契約翻訳システム T4OO事例セミナー
2019年04月03日(水)
15:45 ~ 17:15
無料
東京都新宿区
講師情報
登島 和弘
サイネオス・ヘルス合同会社
アジア太平洋地域法務責任者

1961年神戸市生まれ
中央大学法学部法律学科卒
立命館大学法務研究科修了
スタンレー電気㈱総務部庶務課法務担当を皮切りに、日本AT&T㈱(米系)契約課長、松下冷機株式会社法務室主事、
セジデム株式会社(仏系)コーポレートサービス部統括部長・法務部長兼任等、を歴任し、現職。
*企業名は当時のまま。
※日本企業・外資系企業双方で通算30年以上の企業法務・国際法務の経験を有する現役の企業法務責任者です。
AIによる英文契約翻訳システム T4OOを導入している企業の法務担当者が講師を務め、実際の活用事例をご紹介いたします。
申込・詳細はコチラ
法務ニュース 労務法務 労働法
《東京開催》少人数法務の為の企業法務研究会
2019年03月27日(水)
19:30 ~ 20:30
無料
東京都渋谷区
講師情報
舩山 達
株式会社フルスピード(東証二部上場)
法務・総務部 部長
慶応義塾大学法学部法律学科卒
大阪市立大学大学院法学研究科法曹養成専攻修了
従業員5人のベンチャー企業に就職。2回の転職を経て現職。
少人数やノウハウの蓄積のないために業務の進め方に不安を持っている法務担当者のための意見交換会です。
今回のテーマは「契約書レビューの手法」です。
詳細はコチラ (申込は、終了しています。)
※セミナー広告を掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

法人減税、3年間圧縮か 法人税の減税幅圧縮の内容  日本経済新聞によると、政府税制調査会が14日に非公式会合を開き、復興財源に充てる臨時増税案について集中討議したという。  減税及び圧縮幅の内容は、実効税率を5%引き下げた上で、国税分について3年間にわたり税率を1割上乗せする定率増税を実施する、というものである。具体的...
長時間労働是正の特効薬!プレミアムフライデーは本当に「プレミアム」か?... はじめに  経済産業省や経済界など官民連携で設立された「プレミアムフライデー推進協議会」は、今年2月24日より「プレミアムフライデー」を実施することを決定しました。 「プレミアムフライデー」とは、毎月末の金曜日に午後3時に仕事を切り上げて、プライベートな時間を確保しようという取り組みです。 労...
Googleのプライバシーポリシー変更の行方は?... 事案の概要 Googleのプライバシーポリシーは平成24年3月1日に変更され、複数のGoogleサービスで集めた個人データはYouTubeやGmailを含め、他のプラットフォームと共有されるようになる。 これについて、サービス間で個人情報の組み合わせができるGoogleの運用方法に恐怖を感...