【イレッサ訴訟】原告敗訴は妥当だったのか?

法務担当者が“法務”を語る新しいWEBメディアはコチラ
記事「【イレッサ訴訟】原告敗訴は妥当だったのか? 」のイメージ

イレッサ訴訟の概要

抗がん剤「イレッサ」の副作用として間質性肺炎を発症し、延べ800人以上の肺がん患者が死亡している。遺族らは国と輸入販売会社であるアストラゼネカを相手取り、東京と大阪それぞれで裁判を2004年に起こしたが、和解には至らなかった。2011年、東京では一審で国と会社の責任を認めたものの、二審で国と会社の責任は否定された。大阪に関しては2011年、一審で「薬の添付文書の不備」により、国と会社への責任を認めていた。

すれすれの敗訴

今月25日、大阪高裁は一審での判決を退け、国と会社の責任はないとした。高裁によれば、「添付文書の不備」はなく、「記載を読み取れなかった医師の問題」であるとした。(「」は筆者)この敗訴によって、国とア社から遺族二人への1760万円の賠償支払い判決は退けられた形になった。

抗議集会へ

原告と弁護団は29日、抗議集会を開いた。弱者への視点が欠けていること、行政そのものを変革するという意見が、国会議員らを巻き込んで交わされた。また全日本民医連や全国保険医団体連合会など各団体も今回の判決に対して抗議声明を出している。

コメント

添付文書の不備云々はすれすれの判断だ。原告は最高裁に持ち込む考えであり、裁判所側は高度な司法判断が問われる。800名以上の死者が出ている深刻な事件であり、歴史に残る裁判なのは間違いない。いずれにせよ、慎重を期した司法判断を望むところである。

関連リンク

  • イレッサ訴訟「救済の投げ捨ては許せない」-原告・弁護団が抗議集会(リンク切れ)
  • イレッサ訴訟、大阪も原告全面敗訴…高裁判決(リンク切れ)
  • 薬害イレッサ弁護団
企業法務ナビよりお知らせ
本記事は、約7年8ヶ月前に投稿された記事です。法律を内容とする記事の特性上、その改正や他の特別法の施行、経過措置期間の経過、関連判例の出現などによって内容が古くなり、現在は誤りとなる可能性がありますので、ご注意下さい。
 
[著者情報] komatsuda

詳細情報はありません。

※記事コンテンツを掲載したい方は、コチラ

あわせて抑えておきたい関連記事

2社契約でうつ病の元店員が提訴、労災制度について... はじめに  系列会社2社から同時に雇用されていたガソリンスタンド(GS)の元店員の男性が、休業補償が1社分しか反映されていないのは不当であるとして、国を相手取り提訴していたことがわかりました。男性は時間外労働107時間でうつ病を発症していたとのことです。今回は労災制度について見直していきます。...
戦争の責任を問う―沖縄戦で負傷の住民ら、国に賠償・謝罪請求―... 概要 ―戦争の傷は癒えることはない。  67年前に起きた沖縄の地上戦で負傷した住民や遺族ら40人が、国に総額4億4千万円の損害賠償と謝罪を求め、那覇地裁に15日提訴した。沖縄戦をめぐってはこれが初めての訴訟となる。  沖縄では1945年3月末から激しい地上戦があり、約15万人の県民が亡くなった...
「喜多方ラーメン」の商標登録認めず... 福島県喜多方市の約40店舗のラーメン店が加入する協同組合「蔵のまち喜多方老麺(らーめん)会」が、特許庁に対し「喜多方ラーメン」の地域団体商標登録を認めるよう求めていた裁判で、2010年11月15日、知財高裁は組合側の請求を棄却し、地域団体商標登録制度を巡る初の司法判断を下した。 判決は、「登録するに...