日銀、10兆円追加緩和と1%の物価上昇目標
2012/02/15   法務相談一般, 民法・商法, 金融・証券・保険, その他

概要

日銀は14日の金融政策決定会合を行った。この会合で日銀は、10兆円規模の追加金融緩和実施と、金融政策で目指す望ましい物価水準として「物価安定のめど」を導入することを決めた。そして、具体的な水準では、消費者物価の前年比上昇率で当面1%を目指すと表明した。追加金融緩和は、長期国債の購入枠を10兆円増やして、金融資産を買い入れる「基金」の規模を65兆円程度に拡大した。

経過

野田佳彦首相は15日朝、白川方明日銀総裁と会談した。首相は円高是正とデフレ脱却を決意を示しており、日銀が14日に1%の物価上昇目標を決めたことを踏まえ、政府・日銀が緊密に連携していくことを確認したとみられる。

日銀の追加金融緩和をきっかけとして円相場が下落、午後5時時点で1ドル=78円45~51銭と、前日に比べ49銭の円安・ドル高となった。15日の東京株式市場では、円安の影響で、買い優勢。日経平均株価終値は前日比208円27銭高の9260円34銭と上昇。昨年8月5日以来、約6ヶ月ぶりに9200円台を回復した。

雑感

先週の時点で市場関係者は、9000円台定着は困難としていたが、今日9200円台まで回復した。
このまま9000円台以上が定着するだろうか。
米景気回復期待や円安ドル高により、海外機関投資家が日本株買いを増やしている。ギリシャで財政緊縮法案が成立、中国人民銀行総裁のユーロ支援発言で欧州不安が和らいだ。しかし、ギリシャ国内で抗議行動が全土に拡大している。また、EUはギリシャ支援の決定を先送りにした。欧州危機は長期化すると考えられ、予断は許されず、9000円台以上が定着するかはまだ不透明だ。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。