欧州危機!ユーロ圏はどうなるか?
2011/11/29   海外進出, 外国法, その他

1.概要

現在、ユーロ圏を覆っている、危機の内容は、欧州全体の将来がかかっているといっても過言ではない。

フランスやドイツなどの主力金融機関は、ユーロ圏の国々の国債などを互いに持ち合うことで、中央銀行を有しないユーロという通貨のリスクを分散させ、ユーロという為替に信用を与えてきた。

しかし、今になって互いの国の国債や、銀行の債務を持ち合うというユーロのシステムが、連鎖反応的に影響しあい、大きな危機をもたらしている。
例えばドイツやオランダなどは強い経済を誇るが、経済的に弱い国々の国債などを保有しているため、この危機が深まれば、大きな影響を受けてしまう。

2.雑感

問題はイギリスやアメリカ、日本などと異なって、中央銀行がないため、ユーロという通貨を裏付けるのが、各国に委ねられてしまい、統一的な意思決定と行動がとれないところにある。

欧州連合はこれから金融安定化のための具体策を打ち出すものと思われる。なぜなら、具体的な行動をとらなければ、ユーロという通貨圏そのものが大打撃を受けてしまうからである。

欧州委員会は、17か国が共同で発行するユーロ共同債の発行などを提案してい。またIMFも具体的な融資策をとるかもしれない。また欧州中央銀行(ECB)がこれからどういう役割を果たしていくかが今後注目される。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。