東電OL事件とは何だったのか? 追加鑑定の結果受刑者のDNA検出されず!
2011/11/22   訴訟対応, 刑事法, その他

1.概要

東電OL事件の再審請求審において、東京高検の提出した物証の中から、受刑者のDNAが検出されなかったことが判明した。

東電OL事件とは、1997年3月に当時、東京電力社員でエコノミストだった女性社員が東京都渋谷区円山町にあるアパートで殺害された事件である。被告人となったネパール人男性は女性社員が殺害されたアパートの隣に不法滞在のネパール人4名と住んでおり、女性社員の売春相手でもあった。東京電力の社員が勤務後に売春を行っていたという事実などが大々的に報道され、話題になった。有名大企業の総合職社員が金銭的な動機ではなく、売春を行っていたことは当時の世間にも大きな衝撃を与えた。裁判では、状況証拠などにより、2003年10月20日にネパール人男性の無期懲役が確定した。収監後、2011年7月21日に東京高検が再審請求審において、DNA鑑定を実施したがDNAが受刑者のものと一致しなかった。

2.雑感

裁判の中では、ネパール人が女性の買春客であったことなどから、ネパール人には不利な展開だった。ただ、様々な点から、ネパール人男性が本当に犯人であったのかが疑問に思われる点も多い。売春の客になるということが、必ずしも、殺害の動機を生むことにはつながらない。今後も展開に注目していきたい。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。