経営トップの健康状態も法的リスク!?
2011/10/06   法務相談一般, 民法・商法, その他

米電子機器大手アップルの創業者、スティーブ・ジョブズ氏が5日死去した。56歳だった。同氏は、2000年にアップルの最高経営責任者(CEO)に就任した後は、2001年発売の斬新なデザインのパソコン「iMac」、07年発売のスマートフォン「iPhone」、10年に発売したタブレット端末「iPad」を大ヒットさせた。アップルは、ハードとソフトにデザイン性を組み合わせた戦略で音楽流通の形態を激変させ、巨大IT企業となった。ついに2011年4~6月期決算で売上高と最終利益で過去最高を更新し、株式時価総額で世界最大のIT企業となった。
一方で、ジョブズ氏は、2004年にすい臓がんで療養しその半年後経営に復帰したものの、2011年1月から再び病気療養で休職し、8月にはCEOを辞任していた。アップルの成長は同氏のカリスマ性によるところも大きかったため、ジョブズ氏の健康問題はアップルの株価を左右し続けた。今日の株価は上昇で始まっているが、今後の推移に注目したい。

現状の円高ドル安においては日本企業が海外事業を拡大するチャンスといわれる。法務としては大型M&Aや海外現地法人立ち上げに携わることのできる可能性があり、相手国の法的規制、言語、文化の壁を越える必要がある点で大変な仕事ではあるがやりがいがあるだろう。もっとも、相手企業トップの健康状態も株価に影響するのであるから、法務としては季節の変わり目にはあいさつし経営トップの体を心配するという業務も増えそうだ。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。