テスコ、日本から撤退!!
2011/09/05   法務相談一般, 民法・商法, 流通

外国との違い

2000年に日本に進出したフランスのカルフールも、業績悪化を理由に2005年に日本から撤退している。現在、日本には数多くの外資系の企業が進出しているものの、特に小売業では撤退するケースが多い。いずれの企業も、日本の商習慣・文化を踏まえた上で出店しているには違いないのだが、その違いが想定しているよりも大きいのかもしれない。例えば、アメリカの家庭の場合、週に一回スーパーに一週間分の買出しのために行くのが一般的とされている。ここでは、それぞれの品をそれぞれ大量に用意しておく必要がある。しかし、日本の消費者は、毎日買いに行くのが一般的なので、スーパーは言わばもう一つの冷蔵庫という位置づけである。なので、魚をあらかじめさばいてもらったり、使い切りやすい大きさに切ってもらったりといったニーズが出てくる。このような細かいニーズも踏まえることが必要になってくる。

テスコの失敗

テスコの販売戦略としては本部が受発注、財務・会計などの業務を管理していた。本部で一元管理出来るので合理的な方法と思える。しかし、棚割りや販売価格などについて現場の店長の裁量がなく、地域に合わせた売り方が出来なかったとされる。また、PB(プライベートブランド)により低価格商品も扱っていたが、現在、多くのスーパーがPBを扱うようになっており、他店との差別ができなくなっていたともされている。
 販売戦略だけでなく、人材の活用にも問題があったとされる。業務の改善のために外部からの幹部の登用も積極的だったが、有名企業からの転籍者が多く、社員からは肩書で採用していると反発もあったようだ。

日本の成功はどうすれば

現在の日本は、世界でもトップクラスの生活水準であり、食の嗜好もさまざまである。コンビニエンスストアの弁当、冷凍食品といった手軽とされる食品でも、有名なレストランの味を再現したことが売りになっているなど食に対するこだわりも強いとされている。そして、現在の日本では、安さの競争も限界に来ているとされている。その店にしかない価値を提供できなければ、外資の小売業が生き残っていくのは厳しいだろう。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。