Google-違法医薬品広告掲載で過去最大級の罰金
2011/08/26   海外法務, 外国法, IT

事案概要

Googleは米国時間8月24日、注目を集めていた米司法省との係争で、米連邦法に違反してカナダのオンライン薬局の広告を掲載したことを認め、5億ドル(約380億円)の罰金を支払うことで和解した。

司法省によれば、今回の罰金額は米国において過去最大級で、カナダの薬局がGoogleの「AdWords」プログラムを利用して掲載した広告によってGoogleにもたらされた粗利益、および該当のオンライン薬局が米国の消費者への販売よって手にした粗利益相当額からはじき出されたものだ。

Googleは司法省との和解条件の中で、「カナダのオンライン薬局の広告主がAdWordsを利用して米国を対象とした広告を掲載することを不適切に支援した」ことを認めた。また、罰金に加え、「和解書に記載されている行為が将発生することを防ぐため」に、コンプライアンス(法令順守)と報告に関して複数の方策を実施することに合意している。

「AdWords」プログラムとは

設定したキーワードが検索エンジンGoogleで検索されると、検索結果ページに広告主の広告が表示されるサービス。検索された単語およびWebページの内容と広告を連動させることで、利用者の興味のある分野の広告を効果的に表示することができ、高い広告効果が期待できる。

雑感

今回の司法省の調査は、数百万ドル規模の詐欺を行ったとされる国際指名手配犯の追跡に端を発したものだ。司法省によれば、メキシコに逃亡したこの指名手配犯は、AdWordsを利用した違法な薬物の販売広告掲載にも手を染めていたという。メキシコの捜査当局がこの指名手配犯を逮捕して、米国のシークレットサービスに引き渡した際、この犯人は捜査に協力し、自らのAdWordsの利用方法について詳細を明らかにした。こういった経緯を経て、Googleがカナダのインターネット薬局に対してAdWords広告の掲載を認めることが連邦法に違反していると判断されたのである。
さらに同省は規制および非規制の処方薬をカナダから米国に出荷する薬局が違法であることを2003年にはGoogleが認識していたと述べている。8年もの間見て見ぬふりをしたつけは過去最大級の罰金という形でかえってきたのである。今回の事件は企業のコンプライアンス意識の重要性を再確認させる良い教訓となるであろう。

日経BPニュース-Google、カナダ医薬品販売業者の広告掲載で罰金5億ドル

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。