美術品の盗難
2011/08/15   法務相談一般, 民法・商法, その他

レンブラントの盗難

米紙ロサンゼルス・タイムズ(電子版)によると、ロサンゼルス近郊マリナデルレイの高級ホテル、リッツ・カールトンで13日夜、展示されていた17世紀オランダ絵画の巨匠レンブラントの作品が何者かによって盗まれた。
私的な展示会に出展されていたが、係員が目を離したわずか15分ほどの隙に持ち去られたという。
盗まれた作品はペンで描かれた「審判」で、25万ドル(約1900万円)の価値があるとみられる。地元警察が窃盗事件として監視カメラの解析などを進めている。事件のあったホテルは最高レベルの防犯対策が施されていたといい、警察は綿密に練られた犯行とみている。

早く犯人逮捕、美術品返還による事件解決をしてもらいたいものである。

日本の美術品盗難

美術品の盗難は海外だけの問題ではない。日本でも美術品の盗難は問題となっている。もっとも日本の場合は絵画ではなく、主に仏像の盗難が問題となっており、多くは文化財に登録されていないような仏像が被害にあっている。
近年の仏像の盗難の増加はだれにでも入れる境内、安置する木造の建物、有名でない仏像であること、そしてネットオークションの普及が主な原因と見られる。
しかしながら、最近では防犯対策に力を入れる寺社やセキュリティ会社の専用技術、県によっては専門の部署を設ける等の対策が取られている。

政教分離の問題

では、文化財ではない仏像を有し、防犯対策を取れないような資金の乏しい寺社はどうすべきか。国や自治体が支援すべきとの考えもありうる。ただ、仏像の場合、絵画のような美術品と異なり、信仰の対象となりうるものである。
仏像に金銭的価値しか見出さない窃盗犯とその対策を自治体が行うことの政教分離の問題、みなさんはどう考えるだろう。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。