相次ぐ個人情報の流出と、今後の対応
2011/06/20   コンプライアンス, 情報セキュリティ, 個人情報保護法, その他

情報の不正流出相次ぐ

 ゲームソフト大手のセガ(東京)は18日、欧州子会社「セガヨーロッパ」(ロンドン)が運営する英語圏の顧客向けウェブサイトに外部から不正アクセスがあり、個人情報が流出したことを明らかにした。登録した顧客の名前や生年月日、メールアドレス、暗号化されたパスワードが流出したとしている。
 最近では、ソニーでは今年4月に米子会社がサイバー攻撃を受け、最大約1億人の個人情報が流出する問題が発生したことが記憶に新しい。その後もグループ各社の、映画子会社等への不正アクセスが相次いで明らかになっている。

なぜゲームに関わる会社が狙われるのか

 ゲームの場合、プレイするためのID取得の際に名前や生年月日の正確な情報入力が必要であり、またネットワークゲームの場合、繰り返し遊ぶ固定的なユーザーも多いので、多くの個人情報が含まれている。
 サイバー攻撃したと主張しているハッカー集団ラルズセキュリティーは17日、攻撃の理由を「楽しいから」とした声明を発表している。ゲーム等のエンターテインメントに関わる会社に情報流出が起きれば、利用者、特に20代~30代等の若年層に与える影響が大きい。そういった事情もあって、ゲーム関連に関わる会社が狙われているのだと考える。

個人情報流出で、損害賠償はあるのか

 ハッカー攻撃に備えて、企業の側もセキュリティーを構築していたと考えられる。なので、ユーザーが経営者の第三者責任を求めても、そのまま認められることはないと思われる。
 しかし、一度訴訟が起こってしまうと、企業の側も個人情報が敏感にならざるを得ず、その意識が他の業界にも波及していくことは充分に考えられる。
 法務担当者としても、個人情報の取扱に関する勉強会で、知識をつけなければならないかもしれない。

 今のところ、サイバー攻撃は米国・欧州にとどまるが、ネットの性質上、日本が中心になって狙われる可能性も充分にある。各企業とも対策を急ぐことが望まれる。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。