知的財産権侵害リスクと保険
2011/03/10   知財・ライセンス, 特許法, その他

保険の概要

AIU保険会社のプレスリリースによると、今月の10日から、特許権などの知的財産権侵害による損害賠償リスクなどに対応した、新しい保険商品を開発し販売するとしている(AIUのHPリンク(リンク切れ)→アーカイブ)。
この保険は、主に中小企業向けに販売されるものである。企業が、意図せずに第三者の知的財産権を侵害したことにより、損害賠償請求を受けた際、所定の保険金上限額の範囲内で補償するもの。また、訴訟に伴う弁護士依頼料などの争訟費用も補償する(裁判外の示談など除く)。

大企業と違い、中小企業では、知的財産権の訴訟等に対処するための専門知識を有する人材を確保することが困難だが、予期せぬ訴訟を受けるリスクは抱えている。今回の保険では、損害賠償請求のみならず差止請求等を受けた場合の争訟費用にも対応していることから、中小規模の企業が受けるであろう訴訟リスクから守られることになる。

知的財産権に関する法令は、近年複雑になってきている。そうなってくると、これに対処するためには、弁護士や弁理士などの専門家や、企業内の法務部や知的財産部などの人材を社内に抱えておく必要がある。訴訟になれば、賠償額が高額になることも考えらるため、これに対処することは、大企業だけでなく、中小企業でも必要である。ところが、中小企業には、これらの人材を十分に確保することを期待できない場合もあるし、訴訟を提起されただけでも、経営に大きな影響を与えるおそれもある。
今回の保険は、こういった現状の中小企業のニーズに応えることができるものとなりうる可能性がある。

雑感

近年、知的財産権に関するニュースが多くみられる。これらの権利を侵害することは許されないのであるが、意図せずして侵害してしまうこともありうる。そうした場合に、適切に対応できる保険が誕生することは良いことではないだろうか。
企業が活動していく以上、様々な形でのリスクを負うが、それに対処できる人材は、今後、必要となっていくだろう。More-Selectionsは、そんな社会のニーズに応えられる人材を、「広く熱く!」、多くの企業様に紹介できる会社として、今後とも多くの企業の期待に応えていきたいと考えている。法的素養のある人材が、多くの企業で採用されることも、ある意味で保険の1種といえるのかもしれない。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。