政府、外国人労働者の受入れ拡大へ
2014/01/21   労務法務, 外国人雇用, 労働法全般, その他

事案の概要

政府は6月にまとめる新たな成長戦略において外国人労働者の受け入れ拡大を検討する方針を明らかにした。
具体的には、開発途上国等の労働者を最長3年間受け入れる外国人技能実習制度の期間延長及び人材が不足している介護分野への拡張などが検討される。

外国人技能実習制度は、本来開発途上国等に経済発展・産業振興の担い手となる人材の育成を行うことを趣旨としたものであるが、期間延長、分野拡大をすることで、人材不足の解消を期待している。

コメント

少子高齢化の進行に伴う労働力人口の減少するなか、介護需要の増加、震災復興需要や景気対策の効果により介護業界や建設業界等では需要が増加し、人材が不足している。
そこで、今回のような外国人労働者の受入拡大をすることは、人材不足の解消に有効であるといえる。

しかし、外国人労働者の増加により治安悪化の可能性を懸念する声もある。また、外国人に対する偏見・差別などの人権問題が生じる可能性もある。

このような点を考えると、人材不足という日本の事情ばかりを考えるのではなく、日本の社会がいかに外国人を受け入れていくかというところを考えていく必要があると思われる。

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。