環境訴訟の行方、エゾナギウサギの保護とリゾート開発
2013/10/18   訴訟対応, 民事訴訟法, その他

事案の概要

自然保護団体「十勝自然保護協会」と道内の専門家などが原告となり、佐幌岳北斜面のスキー場造成の中止を求める訴状を札幌地方裁判所に提出した。スキー場の新コース造成によって、環境省のレッドリストで準絶滅危惧種に指定されているエゾナキウサギの生息地が破壊されるとして国と道が出した開発許可などの無効と工事中止を求めている。

コメント

野生動物の保護を目的とする代表的な環境訴訟といえば、アマミノクロウサギ訴訟が有名である。今回提訴された事案も、アマミノクロウサギ訴訟で下された判断との関係で注目を集めている。
アマミノクロウサギ訴訟第一審判決では、「わが国の法制度は、権利や義務の主体を個人(自然人)と法人に限っており、原告らの主張する動植物ないし森林等の自然そのものは、それが如何に我々人類にとって希少価値を有する貴重な存在であっても、それ自体、権利の客体となることはあっても権利の主体となることはないとするのが、これまでのわが国法体系の当然の大前提」であるとし、アマミノクロウサギの原告適格は認められず、その他の原告も原告適格(行政事件訴訟法9条2項)がないとされた。この裁判例を前提とすれば、今回の事案は、原告である自然保護団体「十勝自然保護協会」と道内の専門家に原告適格が認められるかどうかがまず争点になるであろう。
原告適格が認められるかどうかは事実関係によって定まるので、過去の裁判例どおりの判決が下されるとは限らない。また、企業側としてはこうした環境訴訟が提起されることによるイメージダウンが考えられる。消費者の環境意識の高まりは無視できない。自然開発を行う企業は、行政、環境団体、周辺住民等の関係者の意見を聴きながらより慎重な対応が求められるだろう。

関連サイト

北海道生物の多様性の保全等に関する条例

シェアする

  • はてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • TKC
  • 法務人材の紹介 経験者・法科大学院修了生
  • 法務人材の派遣 登録者多数/高い法的素養

新着情報

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビの課題別ソリューション

企業法務人手不足を解消したい!

2007年創業以来、法務経験者・法科大学院修了生など
企業法務に特化した人材紹介・派遣を行っております。

業務を効率化したい!

企業法務業務を効率化したい!

契約法務、翻訳等、法務部門に関連する業務を
効率化するリーガルテック商材や、
アウトソーシングサービス等をご紹介しています。

企業法務の業務を効率化

公式メールマガジン

企業法務ナビでは、不定期に法務に関する有益な情報(最新の法律情報、研修、交流会(MSサロン)の開催)をお届けするメールマガジンを配信しています。

申込は、こちらのボタンから。

メルマガ会員登録

公式SNS

企業法務ナビでは各種SNSでも
法務ニュースの新着情報をお届けしております。

企業法務ナビに興味を持たれた法人様へ

企業法務ナビを活用して顧客開拓をされたい企業、弁護士の方はこちらからお問い合わせください。